ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

2013.12.04 自動車ニュース
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」 拡大

ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

本田技研工業は2013年12月3日、2014年シーズンのFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に投入する参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」のスケッチを発表した。

 

2014年シーズンのWTCCは、レギュレーションの変更により外観・空力パーツなどの自由度が高まり、タイヤ幅も広げられる。これらの変更を踏まえ、ホンダは新型シビックWTCCについて、「シャープなスタイルを実現し、パワーアップした新エンジンを搭載することで、さらにダイナミックなレースが期待できる」としている。

また2014年シーズンの参戦体制については、ガブリエル・タルキーニ(Gabriele Tarquini)選手とティアゴ・モンテイロ(Tiago Monteiro)選手を擁するワークスチームに加え、2つのプライベートチームにもマシンを供給する。

1つは2013年シーズンからマシンを供給しているハンガリーの「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」で、ノルベルト・ミケリス(Norbert Michelisz)選手がドライバーを担当。もう1つは、新たに2014年シーズンからマシン供給を開始する「プロチーム レーシング(PROTEAM Racing)」で、モロッコのメディ・ベナーニ(Mehdi Bennani)選手がドライバーを務める。

ホンダは2014年シーズンでのドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得に向け、今後開発をさらに加速するとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
シビック, ホンダ, モータースポーツ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2020.2.20 画像・写真 運動性能をさらに向上。改良を受けた「ホンダ・シビック タイプR」の詳細な姿を写真で紹介。
  • ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売 2020.2.20 自動車ニュース ホンダが「シビック タイプR」の一部改良モデルの情報を公開。冷却性能の向上や空力特性の最適化などで、サーキットを連続走行できるタフネスを獲得するとともに、足まわりの改良により、ダイレクトなドライブフィールも実現しているという。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
ホームへ戻る