第329回:「ありがとう」仕様でさよなら 「フィアット・ウーノ」は生きていた!

2014.01.10 マッキナ あらモーダ!

31年の歴史に幕

フィアットのブラジル法人はこのほど、小型車「Mille(ミッレ)」の生産を終了することを明らかにした。ミッレは、1983年から95年までイタリアで生産されていた「フィアット・ウーノ」のブラジル版。「Mille」はイタリア語で「1000」を意味するとおり、エンジンは1000ccで、ガソリンとエタノールの両仕様が販売されてきた。

今回の決定によって、誕生から31年にわたり各国で販売されてきた乗用車ウーノシリーズの歴史に幕を閉じることになる。背景には、近日ブラジルでも義務化されるエアバッグおよびABSへの対応が難しいことがある。

なお、フィアットは生産終了を機に、ブラジルでミッレの記念限定車を2000台発売する。名前はイタリア語で「ありがとう」を意味する「Grazie Mille(グラツィエ ミッレ)」で、メタリックペイント、アルミホイール、パワーステアリング、エアコン、パワーウィンドウ、そしてUSB&Bluetooth対応CD-MP3ラジオが装備されている。価格は3万1200レアル(約138万円)である。

「フィアット・ミッレ」の生産終了記念限定車「グラツィエ ミッレ」。
「フィアット・ミッレ」の生産終了記念限定車「グラツィエ ミッレ」。 拡大
「グラツィエ ミッレ」はブラジルで2000台が限定販売される。
「グラツィエ ミッレ」はブラジルで2000台が限定販売される。 拡大
「グラツィエ ミッレ」のリアフェンダーには、専用デカールも貼り付けられている。
「グラツィエ ミッレ」のリアフェンダーには、専用デカールも貼り付けられている。 拡大
1983年「フィアット・ウーノ」イタリア仕様。
1983年「フィアット・ウーノ」イタリア仕様。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事