第31回「アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ」

2014.01.10 水野和敏的視点

1.8ターボ+4WDのスポーティーモデル

「スポーツ」をキーワードに、ここのところ当連載では個性的なスポーティーモデルに的をしぼって試乗してきました。今回はアウディ。「A3スポーツバック」をテストします。

A3といえば、言うまでもなく「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と多くのコンポーネンツを共有する、ドイツ・インゴルシュタットのハッチバックです。「スバルBRZ tS GTパッケージ」「アバルト・プント スーパースポーツ」「MINIジョンクーパーワークス クーペ」と、濃いキャラクターの持ち主に交じると、ややおとなしく、路線が違う印象を受けますが、乗ってみるとどうなのでしょう?

日本でのA3スポーツバックは、まずチューン違いの1.4リッターターボが2種類用意されます。122psの「1.4 TFSI」(308万円)と、140psで気筒休止システムを持つ「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」(347万円)です。そして、1.8リッターターボを搭載する4WDモデル「1.8 TFSIクワトロ」(393万円)が、最上級に置かれます。

アウディのスポーツモデルとなれば、これはもうクワトロシステム抜きには語れません。ということで、試乗車は1.8 TFSIクワトロです。1.8リッターの4気筒ターボ(180ps/4500-6200rpm、28.6kgm/1350-4500rpm)とツインクラッチ式の6段AT「Sトロニック」を組み合わせ、4輪を駆動します。同じクワトロでも、「アウディA4」はエンジン縦置きですが、A3はこのクラスとして一般的な横置きレイアウトを採用しています。また、前後輪間のトルク配分は、電子制御多板クラッチを介して行われます。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る