第31回「アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ」

2014.01.10 水野和敏的視点

1.8ターボ+4WDのスポーティーモデル

「スポーツ」をキーワードに、ここのところ当連載では個性的なスポーティーモデルに的をしぼって試乗してきました。今回はアウディ。「A3スポーツバック」をテストします。

A3といえば、言うまでもなく「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と多くのコンポーネンツを共有する、ドイツ・インゴルシュタットのハッチバックです。「スバルBRZ tS GTパッケージ」「アバルト・プント スーパースポーツ」「MINIジョンクーパーワークス クーペ」と、濃いキャラクターの持ち主に交じると、ややおとなしく、路線が違う印象を受けますが、乗ってみるとどうなのでしょう?

日本でのA3スポーツバックは、まずチューン違いの1.4リッターターボが2種類用意されます。122psの「1.4 TFSI」(308万円)と、140psで気筒休止システムを持つ「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」(347万円)です。そして、1.8リッターターボを搭載する4WDモデル「1.8 TFSIクワトロ」(393万円)が、最上級に置かれます。

アウディのスポーツモデルとなれば、これはもうクワトロシステム抜きには語れません。ということで、試乗車は1.8 TFSIクワトロです。1.8リッターの4気筒ターボ(180ps/4500-6200rpm、28.6kgm/1350-4500rpm)とツインクラッチ式の6段AT「Sトロニック」を組み合わせ、4輪を駆動します。同じクワトロでも、「アウディA4」はエンジン縦置きですが、A3はこのクラスとして一般的な横置きレイアウトを採用しています。また、前後輪間のトルク配分は、電子制御多板クラッチを介して行われます。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
ホームへ戻る