クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第330回:「尻下がり」や「逆傾斜」
ご法度デザインに挑戦したクルマたち

2014.01.17 マッキナ あらモーダ!

おそ松くんと「アルファスッド」

子どもの頃見た、故・赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』アニメ版に、こんな場面があった。いきさつは忘れたが、登場人物たちが駕籠(かご)を担ぐことになった。すると、西洋かぶれのイヤミが、「最新のクルマは、前が長くて後ろが短いのが流行ざんす」といったことを言いだし、竿(さお)の長さを前後不均等にしてしまう。当然のことながら、担ぎ手は大混乱、というものだった。

「前が長くて、後が短い」といえば、ジウジアーロが1971年の「アルファ・ロメオ アルファスッド」で初めて大衆車の世界にもたらし、たちまち広まったコーダトロンカスタイルがある。それがまわりまわって、日本のアニメにまで影響を与えたかと思うと、なかなか面白い。

今回はクルマのデザインのお話、特に「ご法度」なデザインに挑戦したクルマたちを採り上げよう。

大衆車にコーダトロンカを取り入れた「アルファ・ロメオ アルファスッド」。(1971年)
大衆車にコーダトロンカを取り入れた「アルファ・ロメオ アルファスッド」。(1971年) 拡大

尻下がりをキャラクターに変えた「イプシロン」

「トヨタ・センチュリー」や「日産キューブ」のように最初から速く見せることから決別した例を除き、古今東西のカーデザインを支配してきたのは、「止まっている状態でも、スピード感があること」であった。

そうした観点から不利とされてきたのは、尻下がりのデザインだ。
辛酸を舐(な)めた代表例は、1963年の2代目「ダットサン・ブルーバード」(410型)である。ピニンファリーナのデザインであったにもかかわらず、「お尻が下がって見える」ことから不評を買い、後期型ではその部分が改められた。ジャガーなど一部を除いて、テールが下がったお尻が重いデザインは、ご法度だった。

その長年の禁を破ったのは、1994年の初代「ランチア・イプシロン」である。エンリコ・フミアによるデザインは、ウエストライン、それもかなり太いベルトラインが後方に向かって下降していた。しかし真横から見ると、その尻下がりは、描かれた弧の力強さを表現するための一手段であることがわかる。
その下降モチーフはフミアが現場から離れたあともイプシロンのキャラクターとなり、現行の3代目までニュアンスを変えながら継承されている。

面白いのは、「CLA」や新型「Sクラス」といった近年のメルセデス・ベンツも後方に向かって下降するサイドラインを試みていることだ。メルセデスの場合、リアフェンダーでそのラインを止めているものの、尻下がりデザインを跳ねるような力感に転化させているのが秀逸だ。

「ダットサン・ブルーバード1200SS」(1964年)。同時期のピニンファリーナ作品からみるに、日本の5ナンバー枠さえなければ、たとえ尻下がりでも、のびのびしたデザインになっただろう。
「ダットサン・ブルーバード1200SS」(1964年)。同時期のピニンファリーナ作品からみるに、日本の5ナンバー枠さえなければ、たとえ尻下がりでも、のびのびしたデザインになっただろう。 拡大
初代「ランチア・イプシロン」。イタリアで大ヒットし、長いこと中古市場でも引く手あまただった。シエナ郊外にて。
初代「ランチア・イプシロン」。イタリアで大ヒットし、長いこと中古市場でも引く手あまただった。シエナ郊外にて。 拡大
2代目「ランチア・イプシロン」にも、“尻下がり”ラインが継承された。シエナ旧市街にて。
2代目「ランチア・イプシロン」にも、“尻下がり”ラインが継承された。シエナ旧市街にて。 拡大
2013年に発表された新型「メルセデス・ベンツSクラス」。サイドラインは、後方に向かって、なだらかに下降している。
2013年に発表された新型「メルセデス・ベンツSクラス」。サイドラインは、後方に向かって、なだらかに下降している。 拡大

常識を打ち破れ!

フロントデザインにおけるご法度への挑戦といえば、6代目「三菱ギャラン」、初代「ディアマンテ」といった1980年代後半における三菱車の、逆スラントノーズだろう。その源流は、1970年代の「ギャランGTO/FTO」さらにいえば一部の米国車やBMWにさかのぼるが、空力を後ろ盾にスラントノーズ派が安定多数を占めた時代になってからも、その逆に挑戦した三菱は勇気があった。

ピラーでもご法度への挑戦があった。
Cピラーが逆に傾斜した、いわゆるクリフカットは、「フォード・アングリア」、「シトロエン・アミ6」、そして日本の「マツダ・キャロル」などの時代はモダンとされたが、次第にルーフが重く覆いかぶさるようにみえてきたようで、その後主流にはなり得なかった。
それをようやく克服したのは2001年の「ルノー・アヴァンタイム」、2002年の2代目「ルノー・メガーヌ」3ドアおよび5ドアハッチバックであった。完全なクリフカットとはいえないが、直後の巨大なテールランプとバランスをとることによって、新鮮な印象を醸し出している。

最近の製品で、時代が時代ならご法度であったと思われるデザインは、「シトロエンDS3」のBピラーである。リアフェンダーから上に伸びる途中で視覚的に伸びが中断されてしまっている。今でこそクールなデザインだが、これも世が世なら、それなりに賛否の対象となったに違いない。

カーデザインが世界各国の保安基準をはじめとする制約に拘束されて閉塞(へいそく)感が漂う時代だからこそ、ボク個人的には長年の常識から逸脱したデザインをこれからも期待してやまない。

ちなみに、最も初期にボクが接した「速そうに見える」「逆反り」デザインといえば、小学生時代に遠足のたび乗っていた観光バスだ。アメリカの長距離路線用バスを模した平行四辺形のサイドウィンドウが採用されていた。
いやはや、これがまいった。経年変化とともにゆがみやすく、まともにスルッと開けられることはまれだった。今思えば、ボディー剛性という言葉をまだ知る前に、それを感じていたのだった。そうしている間に室内の換気が悪くなり、同級生の伊藤さんの気分が悪くなった。

観光バスといえばスケルトン構造+はめ殺し大型ウィンドウで、ハイパワーなエアコンが当たり前の、今日の子どもにはあの苦労、わからないだろうな。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、Italdesign-Giugiaro、日産自動車、Citroen)

クリフカットのCピラーをもつ「シトロエン・アミ6」(1961年)。
クリフカットのCピラーをもつ「シトロエン・アミ6」(1961年)。 拡大
2代目「ルノー・メガーヌ」
2代目「ルノー・メガーヌ」 拡大
シトロエンDS3
シトロエンDS3 拡大
平行四辺形の窓は、すぐに建てつけが悪くなった。
平行四辺形の窓は、すぐに建てつけが悪くなった。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。