第32回「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」

2014.01.17 水野和敏的視点

スバルBRZ tSの完成度は次元が違う

「スポーツ」をキーワードに、個性派モデルを見てきた「水野和敏的視点」。最後に、個別のテストでは触れられなかった事柄を拾いつつ、振り返ってみたいと思います。

まず、「BRZ」のSTIバージョンたる「スバルBRZ tS GTパッケージ」(6MT:429万4500円)。これは、「開発者個人の名が特定できるのではないか」と思われるほど、ハッキリした個性を持つチューンドモデルでした。ズバリ、「ニュルブルクリンクのことしか考えてないでしょ!」と言いたくなるクルマ。小さな路面のデコボコはきちんと吸収し、大きな入力には無駄のない足まわり。剛性感があり、正確なステアリング。すばらしいエンジンレスポンス。「スポーツ」の評価を、モータースポーツというベクトルで行った場合、ほかのテスト車とは次元の違う完成度を見せていました。

とはいえ、BRZ tSは一般の市販車です。ただタイムを追求すればいいレースカーと異なり、商品性を持たせないといけない。今回『mobileCG』が用意してくれた上級グレード「GTパッケージ」は、ノーマルtS(6MT:366万4500円)より63万円高い429万4500円。価格差の理由として(?)、足まわりに加えて、RECARO製バケットシートを装着し、トランクからはリアスポイラーが生え、足元はブラック塗装の18インチホイールを履いています。

実際にGTパッケージを購入した方には申し訳ありませんが、リアスポイラーは改善が必要ではないでしょうか? ドライカーボン製でウイングの角度調整ができるということですが、取り付けがヤワで、ちょっと触るとメインプレートがグラグラし、角度が大きく変化してしまいます。200km/h超の世界で、大きな力がかかった時、この剛性と角度調整できることに意味があるのでしょうか。この構造と取り付けで、狙った性能を出せるのか疑問です。

日本の交通事情をふまえ、機能面だけなら、派手なウイングではなく、トランク後端に大きめのリップスポイラーを付けるだけで、十分、空力的な効果があると思いますが……。ただ、それでは地味すぎて、お客さまから60万円超のお金をいただけないということなのでしょうか?

スバルBRZ tS GTパッケージ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4260×1775×1290mm/ホイールベース:2570mm/車重:1250kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:200ps/7000rpm/最大トルク:20.9kgm/6400-6600rpm/タイヤ:(前)225/40ZR18/(後)225/40ZR18/価格:429万4500円
スバルBRZ tS GTパッケージ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4260×1775×1290mm/ホイールベース:2570mm/車重:1250kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:200ps/7000rpm/最大トルク:20.9kgm/6400-6600rpm/タイヤ:(前)225/40ZR18/(後)225/40ZR18/価格:429万4500円 拡大

第32回「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」の画像 拡大

第32回「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」の画像 拡大

第32回「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」の画像 拡大

第32回「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」の画像 拡大

関連キーワード:
BRZ, MINIクーペ, スイフト, グランデプント, A3スポーツバック, スバル, MINI, スズキ, フィアット, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る