クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第348回:ご近所さんはラリードライバーだった

2014.05.23 マッキナ あらモーダ! 大矢 アキオ

ある新装レンタカー営業所で

少し前、わが街シエナの駅近くを通りかかったときだ。新しいビルが完成していて、1階にレンタカーの営業所が入居している。よく見ると、以前は道の向かいにあったチェーン系レンタカー店が移転してきたのだった。
外には黄色い派手な「フィアット500L」が置いてある。ボディーには、「スポンジ・ボブ」をはじめ、アニメのキャラクターのカッティングシートが貼られている。有料衛星テレビのアニメーションチャンネルとレンタカー会社のタイアップキャンペーンだった。

面識はないものの、新装開店祝いがてら、ちょいと顔を出してみることにした。
「あの、外にあるスポンジ・ボブのフィアット500Lも貸してるんですか?」
冗談で聞いたにもかかわらず、カウンターにいたおじさんは真面目な顔で「レンタル用だよ」とうなずいた。料金も、通常と同じであるという。法事用にはなんだが、子供とのお出掛けには、かなりウケるに違いない。

シエナ駅近く、新築ビルの1階に引っ越していたチェーン系レンタカー会社。
シエナ駅近く、新築ビルの1階に引っ越していたチェーン系レンタカー会社。 拡大
「スポンジ・ボブ」などアニメのキャラクターがちりばめられた「フィアット500L」。
「スポンジ・ボブ」などアニメのキャラクターがちりばめられた「フィアット500L」。 拡大
これもレンタル用の車両だった。
これもレンタル用の車両だった。 拡大

フェラーリのレンタル屋さんもあった

肝心な話は、ここからである。ボクはカウンターの片隅に、気になるパンフレットが置かれていることに気づいた。シエナの丘陵地帯をフェラーリが走っている。「フェラーリのレンタルサービス」の案内だった。
ボクが「あれ、フェラーリも貸してるんですか?」と聞くと、おじさんは、「その相談なら、こっち、こっち」と立ち上がって、背後にある書類棚の裏側に案内しようとする。
わけがわからないままついてゆくと、いきなりマラネロレッドに彩られた小部屋が広がっていた。そして、おじさんは「この相棒が担当だよ」と言って、そこにいた別の男性を紹介してくれた。
ボクは冷やかしであることを正直に告げたが、フェラーリのブルゾンを着た彼は嫌な顔ひとつせず、ボクに椅子をすすめてくれた。

現在のラインナップは「F430」「458イタリア」「カリフォルニア30」「458チャレンジ」「458イタリアGT3」の5台だ。レンタル料金は、最も手頃なF430で1日550ユーロ(約7万7000円)。走行距離60kmを超えると、1kmあたり2.5ユーロ(約350円)が加算される仕組みである。車両保険の免責金額は8000ユーロ(約111万円)だ。シエナ南郊にある1周1kmのカート用サーキットでテストドライブ、というプランもあり、こちらは燃料費込み5周160ユーロ(約2万2200円)である。

似たようなビジネスはモデナやマラネロなど、フェラーリゆかりの地で以前からみられる。だが、ボクが住むようなフェラーリの歴史とあまり関係ない街で、それもレンタカー営業所の片隅に隠れるようにしてあるとは。
お客さんの中には、「記念日のプレゼントに」と、サーキット周回を夫にプレゼントする女性もいるという。いっぽう無精なボクは、「運転手付きコースなんて、ないですよねえ?」と一応聞いてみた。すると彼からは、「まあ、将来的には考えましょう」という答えが返ってきた。

事務所の一角で、フェラーリのレンタルサービス「Driving The Dream」を営むロレンツォ・グラナイ氏。
事務所の一角で、フェラーリのレンタルサービス「Driving The Dream」を営むロレンツォ・グラナイ氏。 拡大
グラナイ氏が貸し出している一台、「フェラーリ・カリフォルニア30」。結婚式当日のクルマとしての需要も。
グラナイ氏が貸し出している一台、「フェラーリ・カリフォルニア30」。結婚式当日のクルマとしての需要も。 拡大
シエナ南郊にある1周約1kmのカート用サーキットでのテストドライブ。
シエナ南郊にある1周約1kmのカート用サーキットでのテストドライブ。 拡大

店主はラリードライバーだった

おっと、ところで、あなたは?
「ロレンツォです」
次に、このフェラーリのレンタカーを始める前は何を? と問う。
すると彼は「ラリードライバーです」と答えた。そしてこう付け加えた。「もちろん、今もね」

彼の名はロレンツォ・グラナイ。1972年シエナ県に生まれた彼は、高校卒業後、20歳のとき県内のラリーでドライバーデビューを果たした。以来欧州およびイタリアのラリーチャンピオンであるレナート・トラヴァリアや、WRCで活躍するロレンツォ・ベルテッリのコ・ドライバーを務めてきた。

傍らで、フェラーリ、マセラティ、アルファ・ロメオのドライビングスクールにおけるインストラクターの仕事もこなしているという。その日も「明日からはフェラーリ・チャレンジのサポートの仕事のために、マレーシアに行きますよ」と教えてくれた。

フェラーリのレンタルは、前述のチェーン系レンタカー屋さんの引っ越しを機会に、事務所の一角を借りて開業した新ビジネス、というわけだった。

先日あらためてグラナイ氏のオフィスを訪れてみると、留守だった。レンタカー営業所のおじさんは「ロレンツォは今、シチリアに行ってるよ」と教えてくれた。
そのときは、またドライビングスクールか何かに行ってるのかな? と思ったが、翌日ニュースを見て驚いた。彼は、あの「タルガ・フローリオ」(編集部注:現在はイタリア国内ラリーの一戦としてその名を残している)に出場していた。そして彼がコ・ドライバーを務めた「フォード・フィエスタR5 LDI」は、総合2位に入賞していた。

それ以前には、FIAヨーロッパラリー選手権のラリー・ヴィーニョ・ダ・マデイラ(ポルトガル)で、ドライバーのジャンドメニコ・バッソ氏とともに、昨年に続き総合優勝していることも知った。いやはや、「運転手付きコース希望」などとは、これは失礼した。

素晴らしい仕事をしている人が何気ない顔をして、ご近所のようなところにいる。これこそイタリアの楽しさである。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、Driving The Dream、Lorenzo Granai Collection)

コ・ドライバーのグラナイ氏は、ドライバーのジャンドメニコ・バッソ氏とともに、ラリー・ヴィーニョ・ダ・マデイラ(ポルトガル)で、2013年、2014年の2年連続総合優勝している。
コ・ドライバーのグラナイ氏は、ドライバーのジャンドメニコ・バッソ氏とともに、ラリー・ヴィーニョ・ダ・マデイラ(ポルトガル)で、2013年、2014年の2年連続総合優勝している。 拡大
グラナイ氏(写真左)とドライバーのジャンドメニコ・バッソ氏(写真右)。
グラナイ氏(写真左)とドライバーのジャンドメニコ・バッソ氏(写真右)。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。