クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第352回:夏休み前集中講座:イタリア式ガソリンスタンドの利用のお作法、教えます

2014.06.20 マッキナ あらモーダ!

ガソリンスタンド業界の曲がり角

近い将来、イタリアから石油ブランド「Shell(シェル)」が消滅する見込みだ。シェルは、現在イタリア国内に850カ所あるガソリンスタンド網を「Q8」の名前で展開しているクウェート石油に譲渡する。これは本社の欧州業務見直しの一環で、部門を担当していたイタリア法人の従業員220人もクウェート石油に移籍する。2014年2月に発表され、現在イタリアの公正取引委員会の承認待ちだ。

シェルは、他部門のイタリア事業は従来どおり継続するという。だが、かつてフェラーリF1のオフィシャルスポンサーも務め、イタリアでは「ESSO(エッソ)」と並んで最もポピュラーな外資系ガソリンスタンド網のひとつであったシェルの撤退は、経済低迷による燃料需要減少でこの業界が曲がり角にあることを物語っている。

そうしたなか近年、イタリアで急激に店舗数を増やしているのが独立系のディスカウントガソリンスタンドだ。日本でいう無印スタンドである。
30年以上にわたりメジャー系「TOTAL(トタル)」のスタンドを夫婦で営み、少し前リタイアした知り合いのジュゼッペさんに聞けば、「無印スタンドの燃料も、品質的には何ら問題ないよ」という。そこで、ボクも彼の店のかわりに、独立系スタンドに通うようになった。

メジャー系スタンドと比較すると、独立系は広告営業費などのコストをカットしていることから、1リッターあたり1.5ユーロセント前後安い。円にすれば約2円だが、満タンにすればエスプレッソコーヒー1杯分くらい違ってくる。さらにわが家が通う独立系ディスカウントスタンドの場合、セルフではなくスタッフが入れてくれるので気楽である。

従来のスタンドと違い、サービスを省いてコストカットしているので、タイヤ空気圧やオイルレベルのチェックなどがおろそかになるのが若干心配だが、ともかくその無印スタンドには市内で唯一いつも長蛇の列ができている。

「シェル」のガソリンスタンド。フィレンツェ郊外にて。
「シェル」のガソリンスタンド。フィレンツェ郊外にて。 拡大
1960年代の雑誌広告から。「シェル」は長年、イタリアで最もポピュラーな給油所ブランドだった。
1960年代の雑誌広告から。「シェル」は長年、イタリアで最もポピュラーな給油所ブランドだった。 拡大

これがイタリア式セルフスタンドだ!

夏休みにイタリアでレンタカーのドライブを楽しむ方も多いと思うので、今回は、この国のガソリンスタンド指南を少々。

まず、大きなスタンドでは、Self(セルフ)とServito(セルヴィート)に分かれていることが多い。前者は文字通り自分で、後者は店員が給油するタイプだ。ポンプに入力されている料金も、後者が微妙に高くなっているのが一般的である。
ただし、給油所のおじさんが暇だったり、お客がモタモタしていると、セルフコーナーでも給油してくれたりする。満タン希望の場合は、「Pieno(ピエーノ)」と言えばよい。

イタリアのセルフには、基本的に2種類のお作法がある。最もよくあるものはセミセルフというべき方式だ。

(1)自分で給油する。レギュラーガソリンは、「Senza piombo(無鉛)」と記してあるものだ。ちなみに、そう書かれていても、すでにイタリアでは有鉛は販売されていない。軽油は「Diesel」のほか、イタリア語でガソリンと紛らわしい「Gasolio」と書いてあることもあるから要注意だ。給油ノズルは日本のものと比べて、少々大きくゴツい。石油臭が気になる人は、近くにある使い捨てビニール手袋を使うとよい。
(2)給油を終えたら、クルマのドアをロックし、その場所に置いたまま歩いてレジに向かう。
(3)給油機の番号を告げる。おじさんのレジにはすでに給油量のデータが伝送されているので、現金かクレジットカードで支払う。

ここまで読んだ方は気づくと思うが、この方式だと「ガソリン入れ逃げ」が発生する危険性がある。実際ボクも目撃したことがある。その給油所のあるじは老夫妻だっただけに、さらに腹がたった。読者諸兄が「入れ逃げ」と勘違いされないためにも、たとえ後続車のドライバーがイライラしていても、よほど常連でない限り、給油後はクルマを移動させないのが鉄則だ。

そして完全セルフ式は、セミセルフよりも価格がさらに安く設定してあったりする。ただし、カード読み取り機は、クレジットカードがダメで欧州地域のデビットカード「バンコマット」だけ受け付け可能だったり、お札の挿入口も神経質でなかなか読み込んでくれなかったりする。
日本のセルフ給油機のような明快なディスプレイ表示はなく、10ユーロ、20ユーロ、30ユーロなどのほか、満タンを選ぶための武骨なボタンが並んでいるだけだ。

イタリア人だって、見知らぬ土地の慣れないセルフ機でモタモタしているのだから、旅行者にはかなりハードルが高い。
こういうときは、おとなしく店員が給油してくれる「Servito」のほうにクルマを移す。困っているムードをオーバーアクションで表現し、給油所のおじさんの気をひく“かまってちゃん”方式をおすすめする。
セミセルフ方式をとるスタンドも、平日の昼休み2時間ほど、また土曜午後や日曜祝日は、すべて完全セルフに切り替わってしまう。アウトストラーダ(高速道路)の給油所は大抵高い。苦労したくない人は、平日の普通の時間に、おじさんに入れてもらうほうがよい。

シェルの給油所網を引き継ぐことになったクゥェート石油「Q8」の看板。
シェルの給油所網を引き継ぐことになったクゥェート石油「Q8」の看板。 拡大
シエナにあった「Agip」のスタンド。2005年撮影。
シエナにあった「Agip」のスタンド。2005年撮影。 拡大
その「Agip」は、その後「ICM」という無印系スタンドに変わった。2008年、改装中に撮影。
その「Agip」は、その後「ICM」という無印系スタンドに変わった。2008年、改装中に撮影。 拡大
イタリアの無印スタンド。これは「TE(テ)」という店。
イタリアの無印スタンド。これは「TE(テ)」という店。 拡大

販売してるのはガソリンだけじゃない

残念ながらイタリアでは揮発油にかかる諸税が高く、現在、日本のタバコ税負担とほぼ同じ60.5%に達する。そのため燃料価格は欧州で最も高額だ。参考までに本稿を執筆している時点で、レギュラー1リッターあたりの価格は、約1.7ユーロ(235円)といったところだ。
北部国境周辺の人たちがスイス側に越境して給油しているのは有名な話である。国境から20km以内に住む人は、住民カードを持って行くとイタリア側給油所で割引が適用される制度がすでに導入されているものの、それでもスイス側に行くドライバーは少なくない。

しかし、住民でない場合、スイス側のスタンドに達する走行距離を考えないと、かえって損をすることになる。加えて、ディーゼル車の場合、スイスは環境行政の観点から軽油をガソリンよりも高く設定しているので、事実上越境のメリットはない。

と、シビアなことばかり書き連ねてしまったが、イタリアのガソリンスタンドはのどかだ。パスタや巨大オリーブオイル缶、ワインと菓子の詰め合わせなどが店内でよく売られている。週末に知人宅を訪問するとき、「手ぶらじゃ、ナニか」というときに便利なのである。時には、サッカーくじやスクラッチくじも売られていて、特に朝方給油ついでに運試しする人が後を絶たない。
さらに、用はないのに、店主に会いに来る近所のおじさんがいたりする。こうしたお客さんたちが、みんな同じレジに並んでいたりするわけだ。
忠告! イタリアのガソリンスタンドには、時間に十分余裕をみておいでください。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

イタリアの無印スタンド「デルフィーニ(イルカ)」
イタリアの無印スタンド「デルフィーニ(イルカ)」 拡大
「4(クアトロ)」という無印スタンド。一瞬「シェル」と見間違えるのがミソか。
「4(クアトロ)」という無印スタンド。一瞬「シェル」と見間違えるのがミソか。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。