クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第245回 「記憶すべきルマン」を観て想う
ルマン24時間レース観戦記

2014.07.01 エディターから一言

テレビに映らないポルシェの“戦闘力”

少々時間がたってしまったが、今でも思い出すと、まさに夢だったんじゃないかという気すらしてくる。そう、2014年のルマン24時間耐久レースは、本当にすごいレースだった。

前半戦を独走して、いよいよ初優勝を実現できるかと思われた「トヨタTS040ハイブリッド」の7号車が早朝に、まさかのトラブルで離脱。続いて、実に16年ぶりのトップカテゴリーへの復帰初年度での優勝が見えてきた「ポルシェ919ハイブリッド」も駆動系トラブルでリタイアすると、結局勝利の栄冠を手にしたのはスルスルと追い上げて、いつの間にか上位につけていた「アウディR18 e-tronクワトロ」だった。

実はこのアウディも、途中でエンジンのタービン交換を行っている。スプリントレース化している最近のルマンで、これほどのトラブルに遭いながら優勝できた例は多くない。結果表だけ見ると、何だかいつも通りというか、あまり面白みのない結果と映ったかもしれないけれど、本当にエキサイティングなレースだったのだ。

今回のルマン、筆者はポルシェのプレスツアーで現地に赴いた。そしてここで、初出場で優勝の可能性すら感じさせたレース以外にも、その戦いぶりにいろいろと感心させられたのだった。

例えば最終コーナー手前にはVIP顧客用のブースが設置されており、ここでは24時間ビュッフェが提供され、中のソファでゆっくり、あるいはテラスに出てシャンパン片手にレースを楽しむこともできるようになっていた。またポルシェコーナーの脇の、今までは単なる砂利の空き地だったところにもやはりポルシェブースが出現。ここは一般の観客にも開放されていて、ソーセージやビールを買って食べながら観戦することができた。

ポルシェ919ハイブリッド
ポルシェ919ハイブリッド 拡大
トヨタTS040ハイブリッド
トヨタTS040ハイブリッド 拡大
アウディR18 e-tronクワトロ
アウディR18 e-tronクワトロ 拡大

ルマンに参戦する意義とは?

われわれプレス向けのホスピタリティーも充実していた。テントではなくこのために建てられた2階建ての立派なブースは、24時間オープンしていてレースの情報を逐一確認することができたし、時には普通に食事をとりに来たドライバーたちと遭遇することもできた。しかもLMP1とGT-Proのポルシェワークスチームに何か動きがあるとアナウンスが入り、またレース途中のドライバーが来て状況報告をしてくれたりもしたのである。

ルマンのこうした部分、ここ十数年の間に大きく変化させたのは間違いなくアウディの参戦だ。コース上だけでなくコース外でもアウディはルマンを洗練させ、進化させた。ではポルシェはといえば、16年ぶりの復帰にあたって単にマシンとチームを用意しただけでなく、こうした部分でも最新の常識にのっとって、一番の環境を用意してみせたのだ。

彼らにとってのルマン復帰とは、ここまでひとくくりでの話なのだろう。勝つためにレースを戦うだけでなく、それを観客にどう楽しんでもらうか、ユーザーにどう誇りを感じてもらうか、ひいてはどうブランドイメージ向上、そしてセールスにつなげていくか。そこまでがすでにパッケージになって考えられていた。そんな風に見ることができる。

惜しくも勝利が手のひらから滑り落ちてしまったトヨタだが、それはそれとして何となくこうしたルマンを戦うことで、何をどうしたいのかというメッセージが希薄に思えた感は否めない。外野からは、楽しむ、楽しませるということに無頓着で、裏返せば勝利至上主義みたいになってしまっているようにも見えた。そうした余裕がなかったのは事実だろうけれど、だからこそ負けるとすべてが終わりみたいな悲壮感につながってしまっていた気がするのだ。

ルマンという伝統あるレースに参加し、勝利を目指すことを、もっと文化への貢献のように考えることができれば、そしてそこにいることを自らまず楽しみ、そして一緒に楽しんでくれる人の輪を大きくしていくことができれば、もっとルマンへの参戦が、意義あるものになるのではないだろうか。当たり前のようにそれができ、そして当たり前のように毎年そこにいるトヨタになったら、気付くと「あれ?」というぐらい簡単に勝利が転がり込んできたりするんじゃないか……なんてことを、その戦いぶりを見て勝手に思ったのだった。

車検に臨む「ポルシェ919ハイブリッド」。
車検に臨む「ポルシェ919ハイブリッド」。 拡大
ミス・ルマンと「919ハイブリッド」。
ミス・ルマンと「919ハイブリッド」。 拡大
ポルシェAGチーム・マンタイの面々。
ポルシェAGチーム・マンタイの面々。
    拡大
ファンにサインするポルシェのドライバー、ティモ・ベルンハルト。
ファンにサインするポルシェのドライバー、ティモ・ベルンハルト。 拡大

2015年はさらなる混戦の予感

ルマン24時間耐久レースの今年の観客数は実に26万3300人。VIPもレースファンも、そして酒を飲んで騒ぐために来ているような輩(やから)までいろいろな人が集まり、けれど皆、そこにいることを大いに楽しんでいたように思う。サルトサーキット、本当にいい雰囲気だった。

ちなみにテレビ放送は世界190カ国で行われ、推定8億人以上が視聴したという。webTVの視聴者は660万人。テレビ(地上波)放送のなかった日本からの視聴はフランスに次ぐ世界2番目の多さだったということだ。

トヨタには来年こそ悲願を達成してほしい。そのためにはファンへのホスピタリティー含めたコース内外でのより積極的な攻めを見せてもらいたいと思う。本社のさらなるバックアップにも期待したい。アウディもポルシェも本社の役員がたくさん訪れ、ポルシェのM.ミューラー社長など始終ヘッドセットをつけてピットにいたほどだったのに、トヨタではそんな雰囲気はなかった。それも、とても寂しいことだったので……。

ほかにも来年には、LMP2常勝の日産もいよいよ「GT-R」の名を冠したマシンでLMP1に参戦してくる。実際、今年もパドックには日産/NISMO関係者が、大挙して訪れていた。もちろんアウディも強い。しかしポルシェも当然、必勝態勢で来るはず。やはりここが本命かなと期待しつつ、来年を待つことにしたい。

おっと、その前に。10月12日にはこのルマン24時間耐久レースも含まれるWEC(世界耐久選手権)の第5戦が、富士スピードウェイにて開催される。レース自体はもちろん、テクノロジーの面でも、あるいはここまで記してきたような他の部分でも見どころたっぷりのはずだから、ゼヒそれらを、ご自身の目で確かめに行ってみてほしいと思う。

(文=島下泰久)

トヨタTS040ハイブリッド
トヨタTS040ハイブリッド 拡大

第245回 「記憶すべきルマン」を観て想うルマン24時間レース観戦記の画像 拡大
「日産GT-R LM NISMO」(写真右)。
「日産GT-R LM NISMO」(写真右)。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。