クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第79回:レーサーから消防飛行機に転身。悪役はあの高級SUV
『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』

2014.07.18 読んでますカー、観てますカー

『カーズ』から8年、今度はレースじゃない

『カーズ』が公開されたのは、2006年だった。ドイツW杯でジーコジャパンが惨敗し、中田英寿が旅人になった年である。あれから8年、日本のサッカーはなかなか結果を出せないが、映画の主人公はクルマから飛行機に替わり、シリーズ合計で4作目となった。2011年に『カーズ2』、2013年に『プレーンズ』、そして矢継ぎ早に『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』が公開されることになった。『プレーンズ』シリーズは3部作であり、この後完結編が作られるはずである。

『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』で名をはせたジョン・ラセターが、この人間くさい機械たちを送り出した。人形や虫の擬人化なら無理はないが、自動車を主体とするアニメーションというのは冒険とも言えた。下手をすると、『きかんしゃトーマス』的な子供っぽい作りになってしまいそうだからだ。しかし、『カーズ』では見事に大人の鑑賞に堪える物語世界を作り上げていた。

『カーズ』の主人公はレースカーのライトニング・マックィーンで、自分勝手に速さだけを追求していた彼が、仲間たちとの交流の中で成長していくビルドゥングスロマンだった。『カーズ2』ではいきなりスケールが大きくなり、国際的陰謀と戦うという大スペクタクルに。行き過ぎたと思ったのか、『プレーンズ』は田舎の村で農薬散布機として暮らすダスティーが飛行機レースに挑戦する話だった。

クルマと飛行機の違いはあれど、どちらもレースがテーマになっていた。速く走ること、速く飛ぶことが、主人公の望みなのである。今回は、その意味ではこれまでの3作とはまったく別の種類の話だ。

(c)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 
(c)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.  拡大

第79回:レーサーから消防飛行機に転身。悪役はあの高級SUV『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』の画像 拡大

第79回:レーサーから消防飛行機に転身。悪役はあの高級SUV『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』の画像 拡大

故郷の空港を再開させるため消防士に

サブタイトルに“ファイアー&レスキュー”とあることでわかるように、ダスティーは消防隊の一員になる。消防士は、究極の人助け仕事だ。自らの命を省みず、危機にさらされた人々の救出に向かう。無私の極みであり、崇高な精神の持ち主でなければ務まらない。失敗すれば非難され、成功しても当然視される。人を傷つけることはないが、報われない仕事でもある。レースで1位になることを目指すのとは、相当に違うベクトルの心を持たねばならない。

火事を扱った映画では、1991年の『バックドラフト』が代表的な作品だろう。常に冷静に炎と戦う男たちの姿は荘厳ですらあり、迫力のある火災シーンが彼らの勇気を際立たせていた。日本の『海猿』シリーズも、同じジャンルと言える。火事や災害に立ち向かうことは、意図的に作られた何らかの敵と相対することとは本質的に異なる行為である。

ダスティーは世界一周レースで優勝して以来、数々のレースで勝利を重ねていた。しかし、もとはといえばボロの農薬散布機で、無理がたたってギアボックスに致命的な故障が発生する。ヤケになった、彼の無謀な行動によって、空港が火事になってしまう。老消防車のメーデーがなんとか消し止めたが、消火設備の不備が見つかり、空港は閉鎖。消防士をもう一人増やすまで、使用を許さないとの通告が言い渡された。

ダスティーはこの窮状を打開するため、自分が消防士になろうと決意する。メーデーの旧友である消防ヘリのブレードに訓練してもらうため、ピストン・ピーク国立公園の消防レスキュー隊に入隊することにしたのだ。

“ピストン”といったクルマや機械に関連する名前が出てくるのは、このシリーズの特徴だ。『カーズ』の舞台は“ラジエーター・スプリングス”で、レースのシリーズ名は“ピストン・カップ”だった。この映画でも、ディスコの名前は“スタジオ4×4”だし、上映されている映画は『ハワード・ザ・トラック』なのだ。“わかるヤツだけわかればいい”(©『あまちゃん』)的な話ではあるが。

園長は「キャデラック・エスカレード」

人間が一切出てこないという点で、『カーズ』と『プレーンズ』は世界観を共有している。伊坂幸太郎の『ガソリン生活』では、クルマや列車が意思を持っているのは同じだが、彼らは人間に使われる存在だった。同じ時間を生きながらも、人間と乗り物は決して交わることのない生活をしていたのだった。

『カーズ』と『プレーンズ』では、クルマと飛行機がそれぞれ独立した個として会話し、行動する。飛べるから偉いということもなく、レース場の観客席にはクルマと飛行機が仲よく並んで座っているのだ。乗り物たちは人間と同じように喜怒哀楽の感情を持ち、悩みを抱えて日々精いっぱい暮らしている。

クルマがたくさん登場するのは、飛行機の整備のためにどうしても必要だからだ。さらに、消防隊の地上部隊としてもブルドーザーや電動ノコギリ車が活躍する。だから、多くはモデル名もわからない働くクルマである。ダスティーに優勝インタビューするのは「フォード・マスタング」だし、ピストン・ピークを訪れるクルマたちの中にはモデル名がわかるものもある。それでも、主役は働くクルマなのだ。

ただ、実はこの世界でもトラックは差別の対象だったりする。高級なレストランでは、見た目で入場を断られてしまうこともあるのだ。差別を横行させている悪役は、ピストン・ピーク国立公園のキャド・スピナー園長である。彼は毎日自分にワックスをかけ、身ぎれいにしている。薄汚れた作業車は大嫌いなのだ。ジコチューの権化である彼の車名は示されていないが、“キャド”という名前とゴージャスなルックスを見れば、モデルが「キャデラック・エスカレード」であることは明らかだ。質実剛健な作業車の対極にある存在である。

ダスティーは訓練の中で無私の精神を身につけ、仲間とともに災害に立ち向かう強い心をつちかった。素晴らしいことだが、わけもなくスピードを追い求め、勝負にこだわるレースの世界にも人は引かれる。ダスティーもライトニング・マックィーンも、もとはといえばエゴの強いスピード野郎だった。次の『プレーンズ3』、そして製作が進んでいるといわれる『カーズ3』では、彼らはどんな姿を見せてくれるのか。ただのいいヤツで終わるようなタマではないはずである。

(文=鈴木真人)


第79回:レーサーから消防飛行機に転身。悪役はあの高級SUV『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』の画像 拡大

第79回:レーサーから消防飛行機に転身。悪役はあの高級SUV『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』の画像 拡大
「キャデラック・エスカレード」
1999年に登場した高級SUV。「リンカーン・ナビゲーター」の成功を見て発売したが、「GMCユーコンデナリ」のマスクを変えただけのものだった。2002年の2代目からは、専用設計が施されるようになる。映画のキャラクターは、この2代目と2007年からの3代目を合わせたような造形。(写真は2014年モデル)
「キャデラック・エスカレード」
    1999年に登場した高級SUV。「リンカーン・ナビゲーター」の成功を見て発売したが、「GMCユーコンデナリ」のマスクを変えただけのものだった。2002年の2代目からは、専用設計が施されるようになる。映画のキャラクターは、この2代目と2007年からの3代目を合わせたような造形。(写真は2014年モデル) 拡大
『プレーンズ/ファイアー&レスキュー』
2014年7月19日(土)ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
『プレーンズ/ファイアー&レスキュー』
    2014年7月19日(土)ロードショー
    配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。