クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第249回:電動なのに運動ができる
ヤマハの最新電動アシスト自転車試乗会

2014.07.18 エディターから一言

電動アシスト自転車というと、子どもの送り迎えにお母さんが乗るもの、というイメージを持っていたが、今回モデルチェンジした電動アシスト自転車のスポーティーモデル「PAS VIENTA5(パス ヴィエンタファイブ)」に試乗して、目からウロコがポロポロと落ちてしまった。
ストレートに言うと「とっても楽しい!」のだ。電動アシスト自転車が乗り物としてこんなに楽しいものだとは知らなかった。

ひとこぎで衝撃

今回の試乗会は、ヤマハの電動アシスト自転車「PASシリーズ」のうち、スポーティーモデルとされるヴィエンタ5と「Brace XL(ブレイス エックスエル)」がメインの試乗会だ。

ヴィエンタ5は、2011年に発売された先代がフルモデルチェンジを受けたもので、2014年7月18日に、ブレイスXLは従来型のマイナーチェンジモデルで、同年8月29日にそれぞれ販売が開始される。

私が電動アシスト自転車に乗ったのは、かれこれ10年以上前のことだ。
知人の家の前でちょっと乗らせてもらって「ふーん、これが電動アシスト自転車か、楽ちんね」と思ったくらいで、特に印象はなかった。
ただ、その後電動アシスト自転車に対する規制が緩和され、アシストの量が増やされている。
具体的には、初期の電動アシスト自転車は踏む力1に対して1のアシスト(つまり踏んだのと同じ力でアシストされる)、アシストの最高速度は15km/hまでと規制されていたのだが、2008年12月からは10km/hまで最大アシスト量が1:2、10km/hを超えると徐々にアシスト量が減り24km/hでゼロになるという規制になっている。

このアシスト量1:2という数字が、実際どれくらいのパワーなのか、まずはよりスポーティーなブレイスXLに試乗して確かめてみよう……とサドルをまたぎ最初のひとこぎで、「こりゃすごい!」と驚いた。

「ヤマハPAS ヴィエンタ5」
「ヤマハPAS ヴィエンタ5」 拡大
「ヤマハPAS ブレイスXL」
「ヤマハPAS ブレイスXL」 拡大
アシストに使用されるモーターは、両車とも定格出力240WのブラシレスDCモーター。「ブレイスXL」に搭載されるリチウムイオンバッテリーは容量12.8Ahで、充電時間は急速充電で約3.5時間。
アシストに使用されるモーターは、両車とも定格出力240WのブラシレスDCモーター。「ブレイスXL」に搭載されるリチウムイオンバッテリーは容量12.8Ahで、充電時間は急速充電で約3.5時間。 拡大
参考展示されていた「ブレイスXL」のカスタマイズモデル。
参考展示されていた「ブレイスXL」のカスタマイズモデル。 拡大

気分は音速の貴公子

ブレイスXLは、フロントサスペンション、フロントディスクブレーキ、内装8段変速を備えるPASシリーズで最もスポーティーなモデルだ。ちなみに気になる価格は16万3080円。
電動アシスト自転車というと「楽をするため」のものだという先入観があったため、「スポーティーな電動アシスト自転車ってどうなのよ?」と思っていたが、実際乗ってみるとこりゃびっくり、想像を超える楽しさがあった。

まずは走りだそうとペダルに力を込めたところ、いつものノンアシスト自転車の5倍くらいのトルク感で前に進んでいく。アシスト量は1:2なので、5倍ということはありえないのだが、体感的にはそれくらいの力強さだ。
ギアは一番軽いポジションにセットしてあったのだが、あまりのトルクにホイールスピンしてしまうのではないかと思うほど、力強い。
手元のレバーでカチカチとシフトアップしていくと、ぐんぐんと加速していく。自分の足でこいでいるのに、まるで見えざる手に押されているかような加速感が大変気持ちいい。
スーパーサイヤ人になったみたい、と言うとちょっとオーバーだが、その一歩手前くらいまでは行っている感じだ。
アシストの量は「アシスト オフ」「エコアシスト」「標準」「強」から選べるのだが、もし私がこの自転車を購入したならば、間違いなく常に全開バリバリの「強」を選択するだろう。
多少走行可能距離が短くなったとしても、このアシストの魅力は捨てがたい。試乗コースは代官山から中目黒という、都内では比較的起伏のある場所だったのだが、登り坂を加速しながら進んでいく爽快感は一度味わうとやみつきになってしまいそうだ。この独特の感覚は、ほかの乗り物ではちょっと味わえない。

「PASシリーズ」の商品企画を担当した井出さん(写真中央)と代官山をポタリング試乗。
「PASシリーズ」の商品企画を担当した井出さん(写真中央)と代官山をポタリング試乗。 拡大
「ブレイスXL」のフロントブレーキはシャープでカッチリとしたフィーリング。
「ブレイスXL」のフロントブレーキはシャープでカッチリとしたフィーリング。 拡大
両車とも、バッテリーの残量や走行可能距離などを表示できるマルチメーターを備える。
両車とも、バッテリーの残量や走行可能距離などを表示できるマルチメーターを備える。 拡大
第249回:電動なのに運動ができるヤマハの最新電動アシスト自転車試乗会の画像 拡大

 

ロードバイクに挫折するより

続いて、今回フルモデルチェンジとなったヴィエンタ5に乗り換える。
こちらは、先代が内装8段変速だったものが内装5段変速になったり、フレームのトップチューブ位置が下げられたりと、よりシティーユースに向けた仕様に変更されている。また、価格も12万9060円と、先代モデルより1万1854円安く設定されている。
フレームのデザインからすると、女性ユーザーを意識した商品かと思いきや、ブレイスXLにも負けず劣らずスポーティーだ。5段変速のギアは、8段変速よりも発進停止の多い市街地では使いやすい。もっとも、電動アシストがあるので、走行時のギアのまま停止して発進しても、それほど問題はないのだけれど。

ブレイスXLとヴィエンタ5との価格差は約3万4000円。ブレイスXLはフロントがディスクブレーキでフロントサスもついている。バッテリー容量もブレイスXLの方が大きい。購入しようと思っている人は、どちらにするか悩ましいところだろうが、通勤と休日の軽いサイクリングくらいなら、ヴィエンタ5で十分楽しめるだろうな、というのが私の印象だ。

実をいうと、私はスポーツタイプの自転車を所有してはいるのだが、マンションの駐輪場でホコリをかぶっている。年に1度か2度は引っ張り出して乗ってみるのだが、たまにしか乗らないと少し走っただけで体の節々が痛くなる。翌々日には激しい筋肉痛で次に乗るのはまた半年後……、といった悪循環に陥ってしまっている。
電動アシスト自転車は、ペダルを踏む力が登り坂や向かい風でも大きく変化しないため、力まずペースを守って走ることができる。つまり、有酸素運動ができるということだ。
楽をするためだけの電動アシストではなく、効果的に運動をしながらサイクリングを楽しむ電動アシストというのは、試乗するまで考えも及ばなかった。

「運動不足解消のために、ちょっといいロードバイクを買ってみようかな」なんて思っている人は、まずは一度自転車店でスポーツタイプの電動アシスト自転車に試乗してみることをお勧めする。
大枚をはたいて買ったロードバイクに挫折し、駐輪場の前を通るたびに後ろめたさを感じてしまうよりも、気軽にしかも楽しく乗れる電動アシスト自転車を買った方が、肉体的にも精神的にもよほど健康でいられるはずなので。

(工藤考浩)

目黒川沿いのおしゃれな古着屋と筆者……ではなく、撮影用にスタンバイしていたモデルさん。
目黒川沿いのおしゃれな古着屋と筆者……ではなく、撮影用にスタンバイしていたモデルさん。 拡大
「ヴィエンタ5」の参考カスタムモデル。「自転車女子」を意識したカラフルな仕様だ。
「ヴィエンタ5」の参考カスタムモデル。「自転車女子」を意識したカラフルな仕様だ。 拡大
「ヴィエンタ5」は8.7Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載。充電時間は急速充電で約2.5時間。満充電にかかる電気料金はおよそ10円とのこと。
「ヴィエンタ5」は8.7Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載。充電時間は急速充電で約2.5時間。満充電にかかる電気料金はおよそ10円とのこと。 拡大

第249回:電動なのに運動ができるヤマハの最新電動アシスト自転車試乗会の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。