クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第250回:次世代プレイモビリティーでハイスコアを狙え
メガウェブ「ウィングレットチャレンジ」体験記

2014.07.18 エディターから一言

トヨタが「次世代プレイモビリティー」と位置づける1人乗りの電動二輪車「Winglet(ウィングレット)」を使った、ゲーム感覚のアトラクション「Winglet Challenge(ウィングレットチャレンジ)」が2014年7月18日、東京・お台場の「MEGA WEB(メガウェブ)」にオープンした。

「アソビークル!」で挑戦

ウィングレットチャレンジとは、ウィングレットに乗って特設のコースを走行し、決められたチェックポイントをできるだけ早く正確に通り抜けるアトラクションだ。
このウィングレットチャレンジを一足先に体験することができたので、紹介しよう。

まず、ウィングレットとは何ぞや。2008年にトヨタが発表したパーソナルモビリティーで、立って乗る電動二輪車だ。要するに、「セグウェイ」的な乗り物のことである。
お台場のメガウェブにオープンしたウィングレットチャレンジは、床面にLEDが埋められた7m×7mのコースを、ウィングレットを操りながらポイントを競うゲームだ。
身長140~185cm、体重30〜90kgの人なら運転免許を持っていなくても挑戦できる。
「アソビークル!」というキャッチコピーが付けられたウィングレットは、子どもからお年寄りまで、誰でも自由に体重移動で操縦できるように作られている。

早速私もウィングレットに挑戦してみた。
まずはインストラクターが、優しく乗り方を教えてくれる。
目の前のウィングレットは、モーターとタイヤのついた車体とハンドルからなっている。足を乗せる部分の面積は家にある体重計よりさらに小さいくらいで、高さは駅の階段1段分程度だ。そこから真っすぐに伸びるハンドルは、ちょうど大人が肘を曲げたくらいの高さにある。
以前セグウェイやホンダの「UNI-CUB」を体験した経験から、この手の乗り物はビクビクせずに「エイヤッ」と乗ってしまうのがいいはずだと思い、極力体の力を抜いてウィングレットに身を任せた。
それでもやはり緊張してしまうもので、ハンドルを握る手や、膝の裏あたりがピクピクしている。平常心、平常心と心の中で唱えながら、インストラクターの指示に従う。

「メガウェブ」にオープンしたアトラクション「ウィングレットチャレンジ」。
「メガウェブ」にオープンしたアトラクション「ウィングレットチャレンジ」。 拡大
「ウィングレット」に乗ってハイスコアを目指すゲームだ。
「ウィングレット」に乗ってハイスコアを目指すゲームだ。 拡大
ハンドルには、降車の際に使用するボタンが一つあるのみ。操作はいたってシンプルだ。
ハンドルには、降車の際に使用するボタンが一つあるのみ。操作はいたってシンプルだ。 拡大
ステップの下にはモーターとタイヤが隠れている。
ステップの下にはモーターとタイヤが隠れている。 拡大

テレビゲームの中に入り込んだよう

ウィングレットの操作は、説明を聞いていたとおり簡単だ。
前後の移動は、体重移動で操作する。体重移動といっても体を動かす必要はなく、つま先にちょっと体重を乗せれば前に進むし、かかとに気持ちを込めれば後退する。
停止したいときは、スッと背筋を伸ばせばいい。
左右のコントロールは、握っているハンドルを倒すことで行う。
まずは、インストラクターに支えてもらいながら、前後左右に移動する練習をし、慣れてきたら自分だけで動いてみる。
移動の感覚は、思い通りに動き回れるようになるまでにはちょっとコツが必要だが、それをつかんでしまえばごく自然なものだ。

操作にひと通り慣れたところで、ゲームスタート。
床面にLEDで表示されたコースの数カ所にチェックポイントが置かれて取りおり、ウィングレットでうまく通過しながらゴールに向かう。コースの正確さと、速さで得点が加算され、満点である10000点を目指す。

ウィングレットの軌跡は、リアルタイムで床面のLEDによって表示される。チェックポイントを通過できると、『スーパーマリオ』のコインよろしく、床面にアニメーションで示される。
これが非常にテレビゲーム的で、画面の中に自分が入り込んでプレイしているような感覚が味わえる。
私の得点は7466点だった。インストラクターによると「平均よりは上ですよ」とのこと。
ウィングレットチャレンジはメガウェブに行けば気軽に体験できるので、次回はさらに高得点を目指したい。

それにしても残念なのが、ウィングレットのような次世代パーソナルモビリティーが、いまだ日本では公道走行を認められていないことだ。
セグウェイが日本に入ってきた時は、公道を走行して摘発される人が現れるなど、ちょっとした話題になったが、それ以降現在に至るまで法改正は行われていない。
次世代パーソナルモビリティーは、お年寄りや体の不自由な人にも役立つ乗り物なはずだ。
ここはひとつ、「世界のトヨタ」の力を発揮して、腰の重いお役人たちを動かしてもらいたいものだ。
東京オリンピックの頃には、ウィングレットが気軽な移動手段として浸透していてほしいと思う。海外からやって来る人たちを、そんな「近未来都市TOKYO」でお迎えしたいものだ。

(工藤考浩)

インストラクターによるデモンストレーション。
インストラクターによるデモンストレーション。 拡大
本人は華麗に乗りこなしているつもりだが、やや腰が引けてしまっている筆者。
本人は華麗に乗りこなしているつもりだが、やや腰が引けてしまっている筆者。 拡大

第250回:次世代プレイモビリティーでハイスコアを狙えメガウェブ「ウィングレットチャレンジ」体験記の画像 拡大
平均点は何とかクリア。次回は8000点を目指そう。
平均点は何とかクリア。次回は8000点を目指そう。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。