「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車

2014.10.02 自動車ニュース
「ダイハツ・タントカスタムX“トップエディションSA”」
「ダイハツ・タントカスタムX“トップエディションSA”」 拡大

「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車

ダイハツ工業は2014年10月1日、軽スーパーハイトワゴン「タント」に特別仕様車「タントカスタム トップエディションSA」を設定し、発売した。

■LEDや専用のシート表皮などで内外装をコーディネート

今回の特別仕様車は、タントカスタムの「X」「RS」をベースに、表皮にファブリックとソフトレザー調素材を用いたコンビシートや、ブルーLEDのフロントグリルイルミネーションなどといった特別装備を採用したものである。

具体的な装備の内容は以下の通り。
・衝突回避支援システム「スマートアシスト」
・フロントグリルLEDイルミネーション(ブルー)
・トップシェードガラス
・専用ファブリック×ソフトレザー調シート(シルバーステッチ)
・プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)
・プレミアムシャインブラック&ファブリックアームレスト(専用ファブリック、運転席/助手席)
・チルトステアリング
・運転席シートリフター
・純正ナビ装着用アップグレードパック(ステアリングスイッチ、バックカメラ、リアスピーカー&ツイーター)

価格は以下の通り。
・カスタムX“トップエディションSA”(FF):162万6000円
・カスタムX“トップエディションSA”(4WD):175万457円
・カスタムRS“トップエディションSA”(FF):172万8343円
・カスタムRS“トップエディションSA”(4WD):185万2800円

「ブラックインテリアパック」装着車のインパネまわり。
「ブラックインテリアパック」装着車のインパネまわり。 拡大
「ブラックインテリアパック」装着車のシート。
「ブラックインテリアパック」装着車のシート。 拡大

■カスタム以外でも黒い内装が選択可能に

また、今回は上記の特別仕様車の設定と同時に、カタログモデルの一部改良を実施。標準モデルの「L」を除く全グレードにスーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)、スーパークリーンエアフィルターを標準装備としたほか、新たなパッケージオプションとして、標準モデルでも黒基調のインテリアの選択を可能とする「ブラックインテリアパック」を設定した。

ブラックインテリアパックの詳細は以下の通り。
・ブラックインテリア(シート表皮、インパネ、ドアトリム)
・シルバーインパネガーニッシュ
・エアコンセンターレジスターリング(シルバー加飾付き)
・メッキレジスターエアコンノブ
・メッキインナードアハンドル(運転席/助手席)
・SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)
・チルトステアリング
・運転席シートリフター
・リアアンダーミラー

(webCG)
 

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • いまや世界のベンチマーク!? アウディの“ステアリングへのこだわり”って何だ? 2021.5.17 デイリーコラム 「技術による先進」をスローガンに掲げるアウディは、クルマを運転するうえで人間との重要な接点となるステアリングホイールにも、並々ならぬこだわりがあるという。その注目すべき点について、新型車「Q4 e-tron」を例に解説する。
ホームへ戻る