VWの電気自動車「e-up!」は366万9000円

2014.10.14 自動車ニュース
フォルクスワーゲンのEV「e-up!」(手前)と「e-ゴルフ」(奥)。
フォルクスワーゲンのEV「e-up!」(手前)と「e-ゴルフ」(奥)。 拡大

フォルクスワーゲンの電気自動車「e-up!」は366万9000円

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月14日、電気自動車(EV)の「e-up!」と「e-ゴルフ」を日本に導入すると発表した。

2015年央に発売予定の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」。現時点では価格は未定。
2015年央に発売予定の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」。現時点では価格は未定。 拡大
「e-up!」のリアビュー。
「e-up!」のリアビュー。 拡大
「e-up!」のメーター。左からパワーインジケーター、スピードメーター、バッテリー残量計。
「e-up!」のメーター。左からパワーインジケーター、スピードメーター、バッテリー残量計。 拡大
「e-up!」のエンジンルーム。中央のバルクヘッド寄りに普通充電ポートがある。
「e-up!」のエンジンルーム。中央のバルクヘッド寄りに普通充電ポートがある。 拡大
急速充電ポートはボディーの右側面、ガソリン車の給油口の位置にある。
急速充電ポートはボディーの右側面、ガソリン車の給油口の位置にある。 拡大

「e-up!」は2015年2月1日に受注開始

フォルクスワーゲンは、2018年までに環境適合性において世界をリードする自動車メーカーになることを明言しており、その実現のため、e-up!により本格的にEV市場に参入を図っている。さらに、同じEVのe-ゴルフやプラグインハイブリッド車の「ゴルフGTE」や「パサートGTE」により、「e-モビリティー」を広げていきたい考えだ。

その中心となる2モデル、e-up!とe-ゴルフが日本に導入されることになった。e-up!は2015年2月1日に受注を開始し、2015年半ばに納車開始の予定で、価格は366万9000円。一方、e-ゴルフは2015年半ばに発売が予定されているが、価格は未定である。

e-up!、e-ゴルフはともに、既存車種に電動パワートレインを搭載したクルマで、「EVであることを過度に主張しない」スタイルが特徴だ。そのため、デザインはガソリン車のそれを受け継ぎながら、前後バンパーなどの手直しによりエアロダイナミクスの向上などに努めている。その一方で、フロントバンパーにC字型のLEDランプ(e-up!は反射板)を設けることで、フォルクスワーゲンのEVファミリーであることを示している。

インテリアは、随所にブルーのアクセントを施すとともに、メーターパネルには回転計の代わりにパワーの出し入れを表示するパワーインジケーターを設けるなどして、EVとしての機能性を高めている。

パワートレインは、e-up!が60kW/210Nmの電気モーターを搭載し、18.7kWhのリチウムイオンバッテリーにより185kmの航続距離を誇る。一方のe-ゴルフは、85kW/270Nmの電気モーターと24.2kWhのリチウムイオンバッテリーにより215kmの航続距離を達成する。なお、リチウムイオンバッテリーには8年16万kmの保証が付く。

充電は200Vの普通充電に加えて、日本の急速充電規格である「CHAdeMO(チャデモ)」に対応。普通充電によりフル充電に要する時間はe-up!が約8時間、e-ゴルフが約9時間。急速充電は80%までの充電時間が約30分だ。PCやスマートフォンから充電の状況をチェックしたり、乗車前に暖房の操作などができる「Car-Net」は3年間無償で利用できる。

フォルクスワーゲンでは、自分の価値観やライフスタイルに合うEVを求める“ライフスタイリスト”に同社のEVを購入してほしいと考えている。さりげなくEVに乗りたい、あるいはフォルクスワーゲンのEVがほしいという人に、このe-up!とe-ゴルフがどれだけアピールできるのかが興味深いところだ。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
e-up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
ホームへ戻る