第261回:「Sクラス セダン」に情熱をプラス
「メルセデス・ベンツSクラス クーペ」のチーフデザイナーに聞く

2014.10.24 エディターから一言
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。 拡大

「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」をコンセプトに掲げる、メルセデスの新しいフラッグシップ「Sクラス クーペ」。その優雅で瀟洒(しょうしゃ)なスタイリングに込められた作り手の思いとは? チーフデザイナーのロバート・レズニック氏に聞いた。

発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。
発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。 拡大
「Sクラス クーペ」のリアビュー。
「Sクラス クーペ」のリアビュー。 拡大
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。 拡大

ピュアなカタチ、完璧なバランス

――メルセデス・ベンツには、30を超える車種がラインナップされます。それぞれの個性はどのように打ち出していますか?

レズニック:2年前からメルセデス・ベンツの新しいデザインが始まりました。進歩的な「Aクラス」や「CLAクラス」。伝統的な「Eクラス」「Cクラス」そして「Sクラス」。それぞれ独自のポートフォリオを持っています。
Sクラス クーペは、伝統的ではあるけれど、セダンほど保守的ではありません。例えばリアビュー。セダンのナンバープレートはバンパー上部の真ん中にあります。一方、Sクラス クーペは、バンパーの下にナンバープレートが配されます。

――Sクラス クーペは、モデルライフの長いクルマです。デザインで注意したことは?

レズニック:プロポーションが大事です。全長5mを超えるクーペはなかなかありません。ピュアなカタチにするよう意識し、完璧なバランスを求めました。Sクラス クーペのキャビンは、ボディーの後方に置かれます。FRならではのプロポーションです。

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る