マツダ、新型ロードスターを6月以降に発売

2015.01.11 自動車ニュース
新型「マツダ・ロードスター」の発売は2015年6月以降。先行予約も検討されている。
新型「マツダ・ロードスター」の発売は2015年6月以降。先行予約も検討されている。 拡大

マツダ、新型「ロードスター」を6月以降に発売

マツダは2015年1月9日、東京オートサロン2015の会場で、新型コンパクトクロスオーバー車の「CX-3」と、新型「ロードスター」を展示した。ロードスターの発売時期については「2015年6月以降」と発表した。(CX-3の関連ニュースはこちら)(新型ロードスターの関連ニュースはこちら)

2014年11月のロサンゼルスショーで世界初公開された「マツダCX-3」。日本では今回のオートサロンが初公開となる。
2014年11月のロサンゼルスショーで世界初公開された「マツダCX-3」。日本では今回のオートサロンが初公開となる。
    拡大
「CX-3」をベースにスポーティーに仕立てた「CX-3レーシングコンセプト」(市販予定車)も展示され、人気を博していた。
「CX-3」をベースにスポーティーに仕立てた「CX-3レーシングコンセプト」(市販予定車)も展示され、人気を博していた。
    拡大
ワンメイクレース仕様車「グローバルMX-5カップカー」。
ワンメイクレース仕様車「グローバルMX-5カップカー」。 拡大
プレスカンファレンスではレーシングドライバーの井原慶子氏が登壇。井原氏は、女性にもっとモータースポーツの世界で活躍してほしいという目標を掲げるウィメン・イン・モータースポーツ活動のアンバサダーを務める。マツダは同活動をサポートしていく。
プレスカンファレンスではレーシングドライバーの井原慶子氏が登壇。井原氏は、女性にもっとモータースポーツの世界で活躍してほしいという目標を掲げるウィメン・イン・モータースポーツ活動のアンバサダーを務める。マツダは同活動をサポートしていく。 拡大

■ファンイベントを開催、先行予約も検討

CX-3は今回が国内初公開、ロードスターについては2014年9月の「世界同時プレミア」以来の再公開となる。

今回、新型ロードスターについて新たな発表があり、まず国内の発売時期が2015年6月以降とされた(オフィシャルサイトには「2015年6月頃」と記されている)。いち早く予約を入れたいという要望が多く集まっているため、先行予約の実施を検討しているという。

また、商品発売前のファン交流イベント「ROADSTER THANKS DAY in JAPAN 2nd.」を2015年2月から3月にかけて開催する。これは開発陣によるトークセッションを中心としたイベントで、2月11日の横浜(マツダR&Dセンター横浜)を皮切りに、大阪、静岡、愛知などで合計6回の開催を予定。1月9日からマツダのサイトで参加申し込みを受け付けている。

さらに、今回は新型ロードスターのワンメイクレース仕様車「グローバルMX-5カップカー」(輸出用の2リッター車がベース)も公開した。同レースは、世界各地でスプリント形式のワンメイクレースを行い、最後に各地の代表を集めて世界一決定戦を行うというもの。2016年にまずは日本、アメリカ、欧州で開催する。カップカーはコンプリートの状態でマツダが用意し、販売のほかリースも検討しているという。

なお、国内で開催されているナンバー付き車両によるパーティーレースについても、今後も継続の意向を示している。

(webCG)

 

 

 

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 東京オートサロン2015, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • ハーレーダビッドソン・パン アメリカ1250スペシャル/パン アメリカ1250【試乗記】 2021.7.14 試乗記 あのハーレーダビッドソンから、まさかのアドベンチャーモデル「パン アメリカ1250」が登場。アメリカの大自然が鍛えたブランド初のオフローダーは、“これが初出”とは思えないほどに高い完成度を誇るバイクに仕上がっていた。
  • マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴 2020.4.3 自動車ニュース マツダが、「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」「ロードスター」に「100周年特別記念車」を設定し、予約受注を開始した。マツダ初の乗用モデル「R360クーペ」をモチーフにしたカラーリングが特徴となっている。
  • スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円 2021.7.29 自動車ニュース スバルが2代目となる新型「スバルBRZ」を発表した。グレードはベーシックな「R」と上級モデル「S」の2種類で、それぞれに6段MTと6段ATを設定。ボディーカラーには「WRブルー・パール」を含む7種類を用意している。価格は308万円から343万2000円。
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
ホームへ戻る