クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第275回:ブリヂストンの全輪駆動電動アシスト自転車に乗ってみた

2015.01.24 エディターから一言

ブリヂストンサイクルは2015年1月19日、新型電動アシスト自転車「アルベルト e」を同年2月下旬に発売すると発表した。
体験試乗会も行われた、製品発表会の様子をお伝えする。

過酷化する通学事情

このたび発表されたアルベルト eは、通学用自転車として人気の高い「アルベルト」に電動アシスト機能を搭載したものだ。
「通学用自転車に電動アシスト」と聞いて「若いんだから、自分の足でこげよ」などと思ってしまったが、近年は特に地方において、通学環境が悪化の一途をたどっており、通学用電動アシスト自転車のニーズが高まっているというのだ。

アルベルト eの開発を担当したブリヂストンサイクル 商品企画一課課長の瀬戸慶太さんは、商品説明プレゼンテーションの中で、少子化に伴う高校の廃校や、過疎化による鉄道・バス路線の廃線で「通学の過酷化」が深刻だと強調した。

ブリヂストンサイクルの調査によると、自転車通学者のおよそ35%が、片道30分以上かけて通学しているそうだ。
1日60分、距離にして15kmを年200日通うとすると、年間走行距離は3000kmにもなる。下手をするとお父さんの「プリウス」よりも長い距離を走っていることになるかもしれない。

地方都市を舞台にした青春映画などで、自転車通学のシーンを目にするとほのぼのとした気分になるが、「過酷通学」の経験者には「あんな生易しいものじゃない」という感想を持つ人も多いのだろう。

 

「ブリヂストンサイクル・アルベルト e」
「ブリヂストンサイクル・アルベルト e」 拡大
「アルベルトシリーズ」のイメージキャラクターを務める大友花恋さんと「アルベルト e」。
「アルベルトシリーズ」のイメージキャラクターを務める大友花恋さんと「アルベルト e」。 拡大

第275回:ブリヂストンの全輪駆動電動アシスト自転車に乗ってみたの画像 拡大

第275回:ブリヂストンの全輪駆動電動アシスト自転車に乗ってみたの画像 拡大

 

「全輪駆動」の電動アシスト自転車

こうしたニーズに対するブリヂストンサイクルの答えが、シリーズ累計100万台のベストセラー通学自転車、アルベルトの電動アシスト化だ。

アルベルトは、アルミ製のフレームにチェーンではなくベルトドライブを組み合わせた、メンテナンスフリーと高耐久性が特徴の自転車だが、アルベルト eはその特徴を受け継ぎながら電動アシスト化するために、通常の後輪ではなく前輪を電動アシストする方式を採用する。
つまり、後ろが人力、前が電動の「全輪駆動自転車」となるわけである。

メンテナンスフリーのベルトドライブに、従来型の「センタードライブ」と呼ばれるペダルクランク付近にモーターを設置した電動アシストシステムを組み合わせると、ベルトに対して負荷がかかり過ぎてしまうため、前輪をアシストする方式としたそうだ。
このシステムをブリヂストンサイクルは「BSデュアルドライブ」と名付けた。

全輪駆動の自転車というと「キワモノ」的な扱いをされがちであるが、アルベルト eの乗車感は非常に自然で、従来型の電動アシスト自転車よりもむしろ好印象だった。
特に、電動アシスト自転車に特有の、こぎだした瞬間にフロントが浮くような感覚がない。
あれはあれで力強さが感じられて個人的には好きなのだが、アシストの自然さという点では、前輪アシストに分があるようだ。

発表会場となったビルの地下駐車場に設けられた試乗コースにはスロープがあり、何度か上り下りしてみた。
坂を上る際のアシストも極めてスムーズ。後輪アシストタイプの「見えざる手」に押される感覚ではなく、地球の重力が減ったかのようなフィーリングだ。
どちらも通常の自転車に比べると超日常的な、全能感さえ覚えてしまいそうな魅力的な乗り味だが、アルベルト eのナチュラルでありながらも力強いアシスト感はこれまで経験したことのないものだった。

「アルベルト e」の開発を担当したブリヂストンサイクル 商品企画一課課長の瀬戸慶太さん。
「アルベルト e」の開発を担当したブリヂストンサイクル 商品企画一課課長の瀬戸慶太さん。 拡大
従来型のアシスト方式では、ベルトに加わる力が大きい。
従来型のアシスト方式では、ベルトに加わる力が大きい。 拡大
前輪に組み込まれるモーター。
前輪に組み込まれるモーター。 拡大
スロープを上る大友花恋さん。
スロープを上る大友花恋さん。 拡大

回生ブレーキも搭載

ひとつ心配なのは、前輪がスリップしてしまった際の挙動だが、前輪の空転を検知してアシストを制御するシステムを搭載している。実際に体験することはできなかったが、雨や多少の雪でも学校を休むことができない学生には、安心の装備だろう。

さらに、BSデュアルドライブでは前輪にモーターを持つことを生かし、下り坂などでブレーキレバーを握った際に、回生ブレーキを利用してブレーキをアシストするシステムを搭載している。
ブレーキアシストはさほど強力には介入しないようで、試乗した環境では効果をあまり実感できなかった。逆に言うと、それだけ自然だということだろう。

ブリヂストンサイクルでは、BSデュアルドライブ搭載車をアルベルト e以外にも拡大していくとのことなので、ぜひともよりスポーティーなモデルで、この乗り味を経験してみたいものだ。

さて、気になるアルベルト eの価格だが、27インチ5段変速のモデルがスポーティーなフレーム形状のS型、標準的なL型ともに13万1544円。26インチ3段変速のモデルはL型のみの展開で12万9384円。
電動アシストではない「アルベルト ロイヤル」よりも5万4000円高いが、3年間で9000km走行すると考えると、ぜいたくな金額とはいえない気がしてくる。
子どもたちが通学で苦労するか、それともお父さんお母さんがちょっとガンバるか、大いに悩むことだろう。

(工藤考浩)

アシスト量などをコントロールするスイッチ。
アシスト量などをコントロールするスイッチ。 拡大
前輪のモーター。
前輪のモーター。 拡大

第275回:ブリヂストンの全輪駆動電動アシスト自転車に乗ってみたの画像 拡大
ブリヂストンサイクルの佐藤慎一代表取締役社長(写真左)と大友花恋さん(写真右)。
ブリヂストンサイクルの佐藤慎一代表取締役社長(写真左)と大友花恋さん(写真右)。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。