第4回:とどまることを知らない人気に脱帽!
インポーターに聞きました~MINI編~

2015.02.20 JAIA輸入車試乗会2015

5年連続前年比増と、日本市場で右肩上がりの販売を続けるMINI。人気の秘訣(ひけつ)は? 満を持してデビューした新型の反響は? MINIの気になるあれやこれやを、今年登場するニューモデルの情報とともに紹介する。

2014年3月に登場した現行型「MINI」。MINIブランドがBMWグループの傘下に入ってから、3世代目のモデルとなる。
2014年3月に登場した現行型「MINI」。MINIブランドがBMWグループの傘下に入ってから、3世代目のモデルとなる。 拡大

2014年秋に富士スピードウェイで開催されたイベント「MINI CONNECTION 2014」でお披露目された「MINI 5ドア」。日本のみならず、アジアではこれが初の一般公開となった。


	2014年秋に富士スピードウェイで開催されたイベント「MINI CONNECTION 2014」でお披露目された「MINI 5ドア」。日本のみならず、アジアではこれが初の一般公開となった。
	拡大
ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーSDクロスオーバー」。
ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーSDクロスオーバー」。 拡大
2015年のデトロイトショーで発表された「MINIジョンクーパーワークス」。228psの2リッター直4ターボエンジンが搭載されている。
2015年のデトロイトショーで発表された「MINIジョンクーパーワークス」。228psの2リッター直4ターボエンジンが搭載されている。 拡大
MINIについてインタビューに対応してくださったBMWジャパンの前田雅彦さん。MINIはダカールラリー4連覇ですね。おめでとうございます!
MINIについてインタビューに対応してくださったBMWジャパンの前田雅彦さん。MINIはダカールラリー4連覇ですね。おめでとうございます! 拡大

新型「ジョンクーパーワークス」がいよいよ日本上陸

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

2014年は1万7596台と、日本でMINIビジネスを展開して以来、最高の販売台数を記録しました。あわせて、2009年より5年連続で販売台数を伸ばしております。

――楽な年ばかりではなかったと思うのですが、MINIブランドが好調を続けてこられた理由はなんでしょう?

2011年に「クロスオーバー」「クーペ」、2012年に「ロードスター」、2013年に「ペースマン」と、効果的にニューモデルを投入できたことが挙げられます。また、年に1~2店舗のペースでショールームが増えていることも貢献しているといえるでしょう。

――現在、販売をけん引しているものとしては、どのようなモデルが挙げられますか?

2014年春にフルモデルチェンジをした、BMWグループになって3世代目の「MINI 3ドア」、秋に発表した「MINI 5ドア」、さらに、マイナーチェンジを迎え、ディーゼルエンジンをラインナップに加えたMINIクロスオーバーが現在の人気モデルです。

特に5ドアについては、「MINIに乗りたいけど3ドアは無理。とはいえクロスオーバーでは大きすぎる」という方がたくさんいらっしゃったようです。新規のお客さまも多く、例えば国産ミニバンからの乗り換えという話もよく聞きます。

一方で、3ドアについては「5ドアを導入したら売り上げが落ちるのでは」と思っていたのですが、現在のところ大きな落ち込みはありません。3ドアがここまでもてはやされるのも、このブランドならではのことでしょう。

――今年導入を予定している車種、注目の車種にはどのようなものがありますか?

デトロイトモーターショーでワールドプレミアを飾った、MINI 3ドアのジョンクーパーワークスが本年春に登場します。トランスミッションにはATとMTの両方を用意する予定です。ジョンクーパーワークスはやはりMTで楽しんでいただきたいですし、一方で、気軽に走りたいというお客さまのためにATの設定は欠かせないので。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

2015年は、MINI 3ドアとMINI 5ドアを軸に、MINIらしいさまざまなキャンペーンを実施する予定です。MINIはクルマという枠にとどまらないファッション性を併せ持つブランドで、指名買いするお客さまも少なくありません。こうしたMINIの特色を、MINIに興味のある方、MINIを知らない方の両方に向けてきちんと発信するため、ファッションやカルチャーを感じさせる企画を検討しています。ぜひご期待ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、田村 弥、webCG)
 

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る