日産、電気自動車のリーフを再度値下げ

2015.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ G」
「日産リーフ G」
    拡大

日産、電気自動車「リーフ」を再度値下げ

日産自動車は2015年3月27日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

「リーフ X エアロスタイル」
「リーフ X エアロスタイル」
    拡大

今回の価格改定は、2014年3月28日の大幅値下げに次ぐもの。リーフ全グレードについて、さらに一律13万3920円のプライスダウンが実施された。

これに加えて、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)最大27万円を利用することで、およそ239万円からの費用で車両を購入できるようになる(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合)。

グレードごとの価格は以下の通り。

・S:273万8880円
・S エアロスタイル:304万1280円
・X:315万9000円
・X エアロスタイル:346万1400円
・G:354万5640円
・G エアロスタイル:379万4040円

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る