トヨタ・カローラ、マイナーチェンジで性能向上

2015.03.30 自動車ニュース
「トヨタ・カローラアクシオ ハイブリッド G」
「トヨタ・カローラアクシオ ハイブリッド G」 拡大

「トヨタ・カローラ」、マイナーチェンジで安全性能と燃費が向上

トヨタ自動車は2015年3月30日、マイナーチェンジを施したセダン「カローラアクシオ」とワゴン「カローラフィールダー」を発表した。同年4月1日に発売する。

「カローラフィールダー ハイブリッド G“AEROTOURER”」
「カローラフィールダー ハイブリッド G“AEROTOURER”」 拡大
「Toyota Safety Sense C」のカメラとレーザーレーダーのセンサー部。
「Toyota Safety Sense C」のカメラとレーザーレーダーのセンサー部。 拡大
「カローラフィールダー ハイブリッド G“W×B”」のリアビュー。
「カローラフィールダー ハイブリッド G“W×B”」のリアビュー。    拡大

■先進の安全装備を搭載

2012年5月に登場した現行型のカローラアクシオとカローラフィールダーにマイナーチェンジが施された。

1966年に初代が誕生して以来、「地球人の幸福と福祉のためのカローラ」を念頭に作り続けられてきたトヨタの主力モデルは、今回、安全と安心に配慮してトヨタ初となる「Toyota Safety Sense C」が搭載された(グレードにより標準またはオプション)。
これはレーザーレーダーとカメラを組み合わせて高い認識性能と信頼性を確立したとされる安全運転支援装備群のことで、以下3つの機能で構成されている。

(1)衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
衝突の危険がある場合、ドライバーへの警告と自動ブレーキの2段階で衝突回避を支援するシステム。自動ブレーキは10~80km/hで作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応するという。
(2)レーンデパーチャーアラート
車線から逸脱しそうになったときにブザーとディスプレイ表示でドライバーに警告し、衝突事故の回避を支援するシステム。
(3)オートマチックハイビーム
対向車や先行車の存在が検知されるとハイビームをロービームに自動的に切り替える運転支援システム。

さらに、信号待ちなどの際に先行車が発進したことを知らせる機能が新たに設定されたほか、シフト操作時の急発進を抑制するドライブスタートコントロールや、急制動時にハザードランプが自動点滅する緊急ブレーキシグナルが全車に標準装備された。

「“W×B”」グレードのインテリア。写真の白内装のほか、黒内装も用意される。
「“W×B”」グレードのインテリア。写真の白内装のほか、黒内装も用意される。 拡大
「カローラアクシオ」のシート。写真は5段MTモデル。
「カローラアクシオ」のシート。写真は5段MTモデル。 拡大
「カローラフィールダー」の荷室。
「カローラフィールダー」の荷室。
    拡大
新開発の1.5リッター直4エンジン(2NR-FKE)。従来型のエンジン(1NZ-FE)からは、1496ccの排気量こそ変わらないものの、ボア×ストロークは75.0×84.7mmから72.5×90.6mmへと変更されている。
新開発の1.5リッター直4エンジン(2NR-FKE)。従来型のエンジン(1NZ-FE)からは、1496ccの排気量こそ変わらないものの、ボア×ストロークは75.0×84.7mmから72.5×90.6mmへと変更されている。 拡大

トヨタ・カローラ、マイナーチェンジで性能向上の画像 拡大

■中身も外見もリファイン

今回のマイナーチェンジのもうひとつの目玉が、環境性能の向上だ。中でも、アトキンソンサイクルや電動連続可変バルブタイミング機構「VVT-iE」などを採用した新開発の1.5リッター直4エンジン(2NR-FKE)を搭載するFFのCVT車は、カローラアクシオで23.4km/リッター、カローラフィールダーで23.0km/リッターの燃費(JC08モード)を達成。
ハイブリッドモデルも、ベースとなる1.5リッター直4エンジンこそ従来と同じ型式(1NZ-FXE)であるものの、ハイブリッドシステムの効率化により、燃費値を33.0km/リッターから33.8km/リッターへと向上させた。

なお、カローラアクシオ、カローラフィールダーともに、1.5リッターのFF/5MT車と4WD/CVT車については従来型エンジン(1NZ-FE)が搭載され、燃費値(16.0~18.0km/リッター)も変わらない。カローラアクシオの1.3リッターモデル、カローラフィールダーの1.8リッターモデルについても同様である。

内外装の化粧直しも大きなトピックだ。カローラアクシオは「モダン」を、カローラフィールダーは「スポーティー」をテーマに、それぞれデザインが変更された。
具体的なポイントは、下方のグリルを拡大したフロントバンパーや、中央のエンブレムから両サイドのヘッドランプへとつながるメッキ加飾、新形状のリアコンビランプなど。総じて、これまでよりも左右方向へのワイド感が強調されている。
インテリアについては、スムースシボを採用した本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、ピアノブラックのシフトハウジング、新デザインのエアコン吹き出し口などが主な変更点。さらに、MT車を除き、全車の運転席にフットレストが与えられた。

モデルごとの価格帯は、以下の通り。

カローラアクシオ
・1.3リッターモデル:146万4873円~148万5491円
・1.5リッターモデル:144万6218円~195万4800円
・ハイブリッドモデル:203万400円~220万7127円

カローラフィールダー
・1.5リッターモデル:161万1163円~224万509円
・1.8リッターモデル:221万4000円~232万4945円
・ハイブリッドモデル:219万5345円~247万4182円

(文=大谷達也<Little Wing>)

→最新型「トヨタ・カローラアクシオ/カローラフィールダー」のさらに詳しい写真はこちら

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る