フェラーリが488GTBを日本初公開

2015.05.14 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。


	本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。
	拡大

フェラーリが「488GTB」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年5月14日、V8エンジンを搭載する新型ミドシップスポーツカー「488GTB」を日本で初公開した。価格は3070万円。

ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。 拡大
「488GTB」のインテリア。
「488GTB」のインテリア。 拡大
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。 拡大

■レースの技術を投入

488GTBは「458イタリア」の後継モデル。670psと760Nm(77.5kgm)を発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.0秒でこなす。最高速は330km/h以上。ターボチャージャーは摩擦低減やツインスクロール技術の採用などにより“ターボラグ・ゼロ”を実現したという。

ボディーデザインはフェラーリ・スタイリング・センターが手がけた。458イタリアと比べて大幅に改良された空力性能が自慢で、250km/h時のダウンフォースは325kg(458イタリアの50%増し)に達するとうたわれる。ボディー側面に設けられた大型のエアインテークは往年のミドシップスポーツカー「308GTB」を意識したもの。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。同氏は「伝統、パフォーマンス、革新が488GTBのキーワード。F1レースやさまざまな耐久レースにおける経験が生かされている」と語り、488GTBとサーキットの密接な関係をアピールした。

(webCG)

→「フェラーリ488GTB」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
488GTB, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る