第404回:イタリアンファッションを見れば、次の流行のボディー色がわかる?

2015.06.26 マッキナ あらモーダ!

ドライビングシューズも新作続々

世界屈指のメンズモード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(以下、ピッティ)」が2015年6月16日から19日までの4日間、イタリア・フィレンツェで開催された。2016年春夏ファッションの動向をさぐる今回は、1178のブランドが軒を連ねた。その中から、クルマにまつわるものを紹介しよう。

まずは、ドライビングシューズから。
英国「ハリーズオブロンドン」の新作は、日本ではピロー(枕)のクッション素材として知られる「テクノジェル」をインソールに用いたモカシンである。大胆なエンボスはマッサージ効果が期待できるが、通常のソールで履きたいときのためにリバーシブル構造になっている。
一方、これまでレディースの印象が強い「フルラ」が、今期はユニセックスのラインをリリースしたのに合わせて、ドライビングシューズもフィーチャーしている。
スタッフの説明によれば、100%メイドインイタリーで、イタリア伝統の皮革工芸の地域であるフィレンツェで高品質な縫製が行われる。フルラにとって初ジャンルゆえプライスが気になるが、イタリア価格で250~500ユーロ(3万5000~7万円)台になるという。

 

 

 

第88回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場で。
第88回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場で。 拡大
「ハリーズオブロンドン」の新作ドライビングシューズ。インソールはリバーシブルで、マッサージ効果のある「テクノジェル」を用いたエンボスとノーマルの双方を使い分けられる。
「ハリーズオブロンドン」の新作ドライビングシューズ。インソールはリバーシブルで、マッサージ効果のある「テクノジェル」を用いたエンボスとノーマルの双方を使い分けられる。 拡大
「フルラ」はフットウェアの中にドライビングシューズをリリースした。
「フルラ」はフットウェアの中にドライビングシューズをリリースした。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事