スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目【東京モーターショー2011】

2011.11.30 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】スバル、「BRZ」と新型「インプレッサ」をお披露目

富士重工業は、第42回東京モーターショーに、コンセプトモデル「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」や新型の「スバル・インプレッサ」などを出展。2011年11月30日にプレスブリーフィングを行った。

スバルの「東京モーターショー2011」は、そのアイデンティティたるフラット4の始動音とともに始まった。
大型モニターに刀を鍛える職人の姿や、家族の笑顔、そして世界の道を駆け抜けるスバル車たちが映し出されるなか、富士重工業の吉永泰之代表取締役社長が登壇。「お客様に信頼してもらえる商品を提供しながら、環境に配慮した自動車の普及に努める」という新しいブランドステートメントを宣言したうえで、ショーのメインステージを飾るコンセプトカーやニューモデルを紹介した。

今回同社が主役に据えたのは、コンセプトモデルの「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」。跳ね上げ式ドアやエッジの利いたエクステリアで個性を主張しながら、排気量をダウンサイジングした1.6リッターターボエンジン、フルフラットになる荷室など、現実的な技術も盛り込まれた“近未来のスポーツワゴン”である。

いっぽうの市販車も、話題には事欠かない。この日は4代目となる新型「インプレッサ」も国内デビューを迎え(発売は12月20日)、ステージに上げられた5ドアの「インプレッサスポーツ」、4ドアの「インプレッサG4」ともに、おびただしい数のフラッシュが浴びせられた。拡大された室内空間や新開発のエンジンなど、同モデルのセリングポイントを紹介する吉永社長も鼻高々だ。

さらにその傍らには、新型のFRスポーツカー「BRZ」が並んだ。先にロサンゼルスオートショーではコンセプトモデル「BRZコンセプト -STI-」が出展されたが、市販モデルはこれが世界初公開となる。「世界でもトップレベルの、重心の低いスポーツカーです。初披露となる今回、ぜひ、みなさまにじっくりとご覧いただきたい」と、吉永社長。

スバルブースには、このほかモータースポーツ部門を担うSTIのコンプリートカー「S206」やレース仕様の「BRZ」も展示され、来場者の注目を集めていた。

(webCG 関)

コンセプトモデルを前に挨拶する富士重工業の吉永社長。「これからも、信頼と革新をテーマに商品を提供します」。
コンセプトモデルを前に挨拶する富士重工業の吉永社長。「これからも、信頼と革新をテーマに商品を提供します」。 拡大
「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」のリアビュー。
「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」のリアビュー。
    拡大
4代目となる新型「インプレッサ」も日本デビューを果たした。
4代目となる新型「インプレッサ」も日本デビューを果たした。
    拡大
5ドアの「インプレッサスポーツ」(写真手前)と4ドアセダン「インプレッサG4」のリアビュー。
5ドアの「インプレッサスポーツ」(写真手前)と4ドアセダン「インプレッサG4」のリアビュー。 拡大
FRスポーツ「スバルBRZ」。トヨタとの協業で開発された。
FRスポーツ「スバルBRZ」。トヨタとの協業で開発された。
    拡大
こちらは「BRZ」のレーシングカー。大きなフェンダーやリアウイングが目を引く。
こちらは「BRZ」のレーシングカー。大きなフェンダーやリアウイングが目を引く。
    拡大
コンプリートカー「スバル・インプレッサS206」。開発にあたったSTIは“究極のロードゴーイングカー”とうたう。
コンプリートカー「スバル・インプレッサS206」。開発にあたったSTIは“究極のロードゴーイングカー”とうたう。 拡大

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサ, スバル, 東京モーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る