クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第408回:祝!「KFC」 イタリアに(ほぼ)初上陸!?

2015.07.24 マッキナ あらモーダ!

「市民権」に時間を要したマクドナルド

ここのところ、日本ではファストフードのチェーンに関するニュースが少なくない。
約20年前、ボクがイタリアに学生として住み始めたとき、驚いたことのひとつに、ファストフードの店が極めて少ない、ということがあった。
ボクが住むシエナの旧市街もしかりで、辛うじて「バーギー」という名の国内系ハンバーガーチェーンがあった。だが、クラスメートの「激マズ」という評価を聞き及び、ボクは行ってみるのをやめた。その後バーギーは1996年、「マクドナルドイタリア」に吸収された。それにともない、シエナ店もしばらくしてマクドナルドに改装された。

なお、マクドナルドのイタリア進出は1986年。日本よりも15年遅かったことになる。1号店は北部ボルツァーノだったという。

イタリア人にとって、ファストフードと「アンブルゲル(Hamburgerのイタリア語読み)」は、安直なアメリカ食文化の代名詞として、長きにわたり軽視を通り越して蔑視の対象であった。それはボクが住み始めた1990年代でも同じだった。マクドナルドが1号店にボルツァーノを選んだのも、オーストリア国境に近く、抵抗が少なそうだったからに違いない。

しかし2000年代後半に入ると、マクドナルドもようやくイタリア人の間で市民権を得てきた。背景には、世代の変化と、経済後退にともなう食費支出の減少があるのは確かだ。
マクドナルドイタリアの資料によると、2015年の国内店舗数目標は555店である。日本の約3000店からすると極めて少ないが、数年前には300店台だったことを考えると、順調な出店ペースといえる。
また、高速道路のサービスエリアからスタートしたイタリア最大の外食チェーン「アウトグリル」が米「バーガーキング」と提携し、店舗数を拡張していることも、ハンバーガー普及を少なからず後押ししている。

1922年に完成し、1982年までフィアットの自動車工場として使われていたトリノのリンゴットビル。現在は複合施設となっている。
1922年に完成し、1982年までフィアットの自動車工場として使われていたトリノのリンゴットビル。現在は複合施設となっている。 拡大
工場閉鎖後リニューアルを担当したのは著名なイタリア人建築家レンツォ・ピアノ。ショッピングモールがある2階までは、ケーブルカー状のエレベーターがある。
工場閉鎖後リニューアルを担当したのは著名なイタリア人建築家レンツォ・ピアノ。ショッピングモールがある2階までは、ケーブルカー状のエレベーターがある。 拡大
フィアットのリンゴット工場を改装して作られたショッピングモール「8(オット)ギャラリー」。これは地元のサッカーチーム「ユベントス」のオフィシャルショップ。
フィアットのリンゴット工場を改装して作られたショッピングモール「8(オット)ギャラリー」。これは地元のサッカーチーム「ユベントス」のオフィシャルショップ。 拡大

「スターバックス」を知らない

対して、イタリアに待てど暮らせど来ないものといえば、「スターバックス」と「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」であった。

ちまたの一般論としては、「コーヒーは各自長年行きつけのバールがあるし、鶏肉に関してもローストが浸透している国。たとえ出店しても苦難の道が予想されるため進出しない」というものであった。
そういえば筆者が知るイタリア人夫妻が訪日したとき、わが女房がKFCを食べさせたことがあったが、評判はイマイチだった。本人たちいわく「揚げた鶏になじみがない」というのがその理由だった。
参考までに、イタリア人のほとんどは、スターバックスとKFCの存在を知らない。

そうしたなか2014年の夏、わが町シエナで「KFC」と書かれた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(現行型)を発見した。KFCに飢え、フランスなど隣国に行くたび郷土料理店より先に飛び込んでいたボクは「おっ、ついにイタリア進出か」と血が騒いだ。ところがよく見ると、ドイツのナンバーではないか。どうやら社用車を拝借してイタリアにバカンスか何かにやってきたのだろう。ぬか喜びだった。

フィアットゆかりの地だが、子供用遊具は「BMW Z8」風である。
フィアットゆかりの地だが、子供用遊具は「BMW Z8」風である。 拡大
UFOキャッチャーには「ドラえもん」が。
UFOキャッチャーには「ドラえもん」が。 拡大
シエナで発見したKFCロゴ入りの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。「いよいよわが街に進出か?」と思ったが、よく見るとドイツナンバーだった。2014年8月撮影。
シエナで発見したKFCロゴ入りの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。「いよいよわが街に進出か?」と思ったが、よく見るとドイツナンバーだった。2014年8月撮影。 拡大

フィアット旧工場でKFC発見!

かわって先日、トリノに赴いたときである。1982年まで使われていたフィアットのリンゴット工場を改装したショッピングモール「8(オット)ギャラリー」で、「KFC」のロゴが入った紙袋を下げた若者たちを目撃した。フランスと接した州ゆえ越境組か? と思ったが、ショッピングモールの案内表示板を見て、思わず「ウォーッ!」と雄たけびを上げてしまった。赤い「K」「F」「C」の3文字があるではないか。

店は本当にあった。待ちに待ったイタリア進出だ!
昼食と夕食の間の時間帯ゆえか、まだ知名度が低いためか知らないが、カウンターのお兄さんは暇そうだ。そこで聞いてみると、「2014年11月にオープンしたローマ店のあと、同じ月にイタリア2号店として、ここに開店したんだよ」と丁寧に教えてくれた。

後日調べてみると、KFCイタリアは2015年末までに、国内に5店の出店を計画しているという。ニュースサイトによっては「トリノ店では、50人を採用予定」などと、雇用に焦点を当てているのがイタリアらしい。
また、イタリア国内メディアが伝えるトリビア的知識によると、KFCのイタリア進出は、今回が初めてではなかった。1980年代初頭ナポリに進出したものの、ヒットを見ぬまま撤退しているのだ。
ただ、一般人が立ち入れない在イタリア米軍基地内には、以前からKFCの店舗があるという。

店に話を戻そう。
不幸にもその日は別の場所で食事をした直後だったので、ボクにとって夜明けともいえるKFCを断念せざるを得なかったが、気をとり直して頭上のメニュー板を見る。
価格はオリジナルチキン3ピースで税込み5.9ユーロ(約800円)。円安の影響もあるが、日本の税込み740円より高めだ。サンド類のところには「パニーニ Panini」と記してある。日本人としてはなじみにくいが、イタリアではマクドナルドのハンバーガー類もパニーニと称するので一緒だ。
ちなみにケチャップやサルサ(ソース)類は、これまたマクドナルド同様イタリアでは有料である。受益者負担だ。コーヒーはイタリア人の食後に欠かせぬエスプレッソのみだが、有名なイリー社のものである。

「8ギャラリー」の店内案内に、KFCの文字発見! ただし、いまだ信じられず。
「8ギャラリー」の店内案内に、KFCの文字発見! ただし、いまだ信じられず。 拡大
あっ、あのサインは……。
あっ、あのサインは……。 拡大
KFCイタリア2号店だった! お店の前にカーネル・サンダースがいないのは寂しいが、KFCになじみのないイタリア人のため、一角にはその成り立ちが記してある。
KFCイタリア2号店だった! お店の前にカーネル・サンダースがいないのは寂しいが、KFCになじみのないイタリア人のため、一角にはその成り立ちが記してある。 拡大
KFCのイタリア進出を知って歓喜する筆者。
KFCのイタリア進出を知って歓喜する筆者。 拡大
廊下からのぞいた店内の様子。
廊下からのぞいた店内の様子。 拡大

ライバルは「テリヤキ」?

ところでKFC2号店を出店したフィアット旧工場のモールには、「MADE IN JAPAN TERIYAKI EXPERIENCE(メイド イン ジャパン テリヤキ エクスペリエンス)」なるレストランもテナントとして入っている。働いているのは日本人ではなくアジア系の人たちだ。ボク自身も日本人店員がいるのを見たことがない。にもかかわらず「メイド・イン・ジャパン」とうたっているものだから、2006年トリノ冬季五輪のとき、日本から来た報道陣の間でちょっとした話題になった。

ということはこの店、かれこれ10年近く営業していることになる。隣接店のなかには撤退してしまったところもあるので、それなりにコンスタントな顧客獲得を続けてきたのだろう。「既存のテリヤキ」vs「突如上陸したKFC」の戦いを、今から楽しみにしている筆者である。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

店員のお兄さん。
店員のお兄さん。 拡大
刺客KFC出現に「テリヤキ」の運命やいかに。
刺客KFC出現に「テリヤキ」の運命やいかに。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。