ロータス・エリーゼにデビュー20周年記念車

2015.08.07 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ20thアニバーサリーエディション」
「ロータス・エリーゼ20thアニバーサリーエディション」 拡大

「ロータス・エリーゼ」にデビュー20周年記念モデルが登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年8月7日、「ロータス・エリーゼ20thアニバーサリーエディション」の販売を開始した。納車は同年9月を予定する。

今回の20thアニバーサリーエディションは、エリーゼのデビュー20周年を記念した特別仕様車である。エリーゼは1995年のフランクフルトモーターショーで発表され、これまでに4万台が生産されている。

ベース車は「エリーゼSクラブレーサー」で、以下の特別装備を採用している。

エクステリア
・エリーゼ20th専用ボディーカラー(クラシックブルー、クラシックグリーン、クラシックイエロー、クラシックシルバー)
・エリーゼ20th専用マットブラックペイントフィニッシュ(リアディフューザー、ウイングミラー、ロールフープカバー、リアトランサムパネル)
・エリーゼ20th専用デカール(リアバンパー、サイドウイングパネル)
・フロント補助ドライビングランプ
・ブラックリアディフューザー
・ブラック軽量鍛造アルミホイール(14スポーク)

インテリア
・軽量スポーツシート(レザーとアルカンターラから選択)
・ボディー同色シートベルトフープ
・コントラストステッチ(シートおよびドアトリム、ボディーカラーがクラシックブルー/クラシックシルバーの場合はシルバーステッチ、ボディーカラーがクラシックグリーン/クラシックイエローの場合はイエローステッチ)
・ボディー同色センターコンソール

価格は777万6000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る