クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる

驚きの経済性 2015.08.10 徹底検証! ボルボのディーゼル すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。

無給油でどこまで走れるか?

ボルボに待望のディーゼルエンジン登場。エコ志向のユーザーはもとより、ディーラーやセールスマンも嘱望していた仕様が国内で発表された。

新設計エンジンともなれば静かで滑らか、排ガスもきれいで低燃費であることは言うまでもなかろう。でも本当のところは、実際に乗ってみなければわからない。「ディーゼルといえば燃費」と短絡してしまうのもちょっと悲しいが、満タンでどこまで走れるか? 燃費テストの常道とはいえ、とにかく走りながら観察していこう。

東名高速を一路西へ。テスト車はV40 D4 SEだ。概算で、いまどきのディーゼルエンジンならばリッター20kmは走るだろう。燃料タンクの容量は62リッターだから、多少の余裕をみて1200kmか……。一気に走っても夕方には給油しなければならないだろうから、1時間の移動距離を80kmとして逆算、東京都内を朝5時に出発すれば15時間後には九州に入れるだろう。ガソリンスタンドの営業時間内に給油可能と見積もる。

作戦というほどのものではないが、都市部通過の渋滞などに巻き込まれないですむルートは……と考え、東名は“第二”を選択、豊田から湾岸に抜けて新名神へと進む。ここでまさかの事故渋滞。鈴鹿あたりで15km/50分の表示。取りあえず四日市で降りて、東名阪へ移る。

このあたりは、同行のKカメラマンが鈴鹿サーキットへと通い慣れた道なので、問題はない。車載ドライブコンピューター(ドラコン)上の燃費は20km/リッターにまで落ちたが、山陽道の福山サービスエリアまでには23km/リッターに回復。15時になってしまったが、ここで遅い昼食とする。平均速度は87km/hにまで上がっている。

2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
    拡大
リアに添えられる「D4」エンブレム。
リアに添えられる「D4」エンブレム。
    拡大
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
    拡大
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
    拡大
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
    拡大

最新装備が走りを支える

九州に渡る前に1000kmを超えるかどうか、ギリギリだ。ドラコンの数字も、距離が増えてくると“コンマ1”のところがなかなか変わらない。
もちろん、ECO+(エコプラス)モードという機能も使っている。これにはアイドリングストップやシフトの制御変更が含まれているが、そもそもクルマを止めないのでアイドリングストップは作動しないし、変速は自らパドル操作で行い、決して1500rpm以上にはしない。だから、今回はさしたる貢献はないと思うが、下り坂などでスロットルを戻した際に、エンジンからの動力を切り離してコーストする機能は、かなり燃費に効く。

しかしこのときも、エンジンがアイドル回転で回っていることに変わりはなく、エンジンブレーキを利用したときの燃料カットにはおよばないだろう。だから、慣性による走行を長めに行うときや、勾配が4%以上で多少の増速まで見込めるときに適宜選べば有効、ということか。筆者は、いまだに機械(電気)の制御に頼るよりも自分でやる方が微妙にエライと思っている、融通の利かないジジイではある。

北九州に入ると雨。長いトンネルも続くが、夜になって視界はモノクロになる。
運転支援システムのオートライト機能「アクティブ・ハイビーム」は便利だ。ハイビームのままにしておいても前車に近づけば自動で照射位置を下げてくれるし、対向車があればもちろんロービームとなる。
ただし、真っ暗なところでは電柱の光などにも反応して下げてしまうため、例えば、路面の水たまりなどを見たいところで暗くなる、という場面もあった。コースティング走行の方は、暗くなって先が見えにくいところでも有効だ。

ツートンカラーでコーディネートされたインテリア。センターコンソールの「モダンウッドパネル」は2万1000円のオプション。
ツートンカラーでコーディネートされたインテリア。センターコンソールの「モダンウッドパネル」は2万1000円のオプション。
    拡大
センターコンソールには、カーエアコンや運転支援システムのスイッチが整然と並ぶ。「ECO+モード」の選択スイッチは、右側の下方にレイアウトされている。
センターコンソールには、カーエアコンや運転支援システムのスイッチが整然と並ぶ。「ECO+モード」の選択スイッチは、右側の下方にレイアウトされている。
    拡大
液晶が多用されるメーターパネル。運転支援システムの作動状況や、燃費情報も確認できる。
液晶が多用されるメーターパネル。運転支援システムの作動状況や、燃費情報も確認できる。
    拡大
「ボルボV40」には、他車両をセンシングして照射範囲を自動調節する「アクティブ・ハイビーム」が装備されている。
「ボルボV40」には、他車両をセンシングして照射範囲を自動調節する「アクティブ・ハイビーム」が装備されている。
    拡大
テスト車は17インチのアルミホイールを履く。タイヤはピレリの「チントゥラートP7」が組み合わされていた。
テスト車は17インチのアルミホイールを履く。タイヤはピレリの「チントゥラートP7」が組み合わされていた。
    拡大

1200km走って「まだ行ける」

かくして緩やかにアップダウンの続く九州道を南下。ドラコンの数字は23.6km/リッターにまで上がった。少し手前では「北熊本あたりが限界か」と予想したが、その時点では、燃料ゲージの残量を示すブロックはまだ2つだった。ブロックは全部で8つあるから、タンク容量の62リッターを割ると1個が8リッター弱という計算になる。
しかし、それほどの精度もなさそう。そのうち残り1個になり、走行可能距離150kmと表示される。これも下り坂などでは155kmとなることもある。そのときの平均燃費23km/リッターで割ると、あと6リッター強残っていることになる。8リッターもないじゃないか? それがさらに半分になったあたりが、そろそろ心理的な限界である。

この種のものはあくまでも額面の数字であり、実際の精度はあてにならない。桜島まで行くだけの元気は残っていたものの、黄色い燃料警告灯はつきっぱなし。長い登り下りの坂道では燃料の供給が断続する傾向も多少感じられ、「ここが限界」と判断して、熊本県内の宮原サービスエリアに入る。トリップ計の値は1224kmだった。
しかし、ガソリンスタンドで満タンにしてもらって、給油口に燃料があふれそうな状態でも54リッターしか入らない。カタログ値のタンク容量62リッターを信じるならば、もっと走れたのだろうか? 警告灯の安全マージンが多めなのか? ドラコンの燃費は23.6km/リッターのままながら、満タン法による1224km÷54リッター≒22.7km/リッターという数字との違いはある。
これらは、計測誤差としておこう。燃費という数字の精度を求めるならば、回数を増やして継続して見るしかないのだ。

ここまでくれば、あとは帰るだけだ。しかし写真を撮っていないので、明日は阿蘇に登って大観峰へ行ってみよう、それには熊本に戻った方がいい。豪雨の九州道を戻って宿に着いたのは23時過ぎだった。

「BLIS(ブランドスポット・インフォメーション・システム)」。ランプを点灯させ、死角にいる他車両の存在をドライバーに伝える。
「BLIS(ブランドスポット・インフォメーション・システム)」。ランプを点灯させ、死角にいる他車両の存在をドライバーに伝える。
    拡大
燃料が少なくなった際に表示される、警告画面。付近の給油所を検索し、カーナビに目的地設定することができる。
燃料が少なくなった際に表示される、警告画面。付近の給油所を検索し、カーナビに目的地設定することができる。
    拡大
都内で満タンにしてから1224km走行後、熊本県内の宮原サービスエリアで、ようやく1回目の給油を行った。燃費は、満タン法で22.7km/リッター、ドライブコンピューター上では23.6km/リッターを記録した。
都内で満タンにしてから1224km走行後、熊本県内の宮原サービスエリアで、ようやく1回目の給油を行った。燃費は、満タン法で22.7km/リッター、ドライブコンピューター上では23.6km/リッターを記録した。
    拡大
宮原サービスエリアにおける、給油時のメーター表示。実際の給油量とカタログ値から残りの燃料を8リッターと推測するならば、無給油で東京から鹿児島までの距離(1400km弱)も走破できる計算になる。
宮原サービスエリアにおける、給油時のメーター表示。実際の給油量とカタログ値から残りの燃料を8リッターと推測するならば、無給油で東京から鹿児島までの距離(1400km弱)も走破できる計算になる。
    拡大

頼れるクルーズコントロール

2日目も朝から雨。大観峰に上るも、阿蘇の山々は霧で見えず。Kカメラマンの予定していた撮影ポイントも土砂崩れで不通だった。それでも晴れ間を見つけては数カットをこなし、霧を避けて豊後竹田城の方へ移動。武家屋敷跡のあたりで撮る。

その後も天候回復の兆しなしと判断、九州からの撤退を決める。そのルートをカーナビ任せにしていたら県道41号線に踏み込んでしまい、どんどん道幅が狭くなった。もはやV40の車幅1.8mより狭いほどで、路肩も雨でもろくなっている。でもその先は少し明るくなんとか抜けられそうだ……と思ったら対向車が出現した。

この先は? と聞けば、「そのクルマでは絶対ムリ。軽自動車でも樹木や岩でこすれるほどだ」と言う。で、断念してノーズを路肩のコンクリート部分からオーバーハングさせながら10回ほど切り返してUターン。こんな状況では駆動輪と操向輪が同じFF機構が有利だ。FRでは後輪が泥や段差で空転して抜け出せなかったかもしれない。かくして辛くも脱出。その晩は下関に泊まる。

3日目。写真が十分に撮れていないこともあり、秋吉台へと向かう。ここも雨で条件はよろしくないが、何とか撮影を済ませ、美祢から中国道に乗り美東サービスエリアで給油。ここまで515.4km走って32リッター入った。16.1km/リッターという燃費そのものは芳しくないが、走行内容からすると悪くはない。その後もこまごましたカットの撮影に臨み、帰路も好燃費を期待できる条件ではなかったが、往路と同じルートで淡々と帰る。道は、また鈴鹿付近で渋滞したが停止するほどではなかった。

中京地区の合流分離の連続する区間では、思わぬ運転支援システムの恩恵にあずかった。クルーズコントロール機能と自動ブレーキの連携で車間距離を保ってもらえるので、事実上、アクセル/ブレーキペダルから足を離したまま流れに身を任せることが可能だ。横から前方に割り込んでくる侵入車に対しては自動ブレーキが働いて減速してくれるし、いなくなればクルーズコントロールの働きで自動的に加速してくれる。

夏の雨降る中、阿蘇周辺の道を行く「ボルボV40 D4 SE」。
夏の雨降る中、阿蘇周辺の道を行く「ボルボV40 D4 SE」。
    拡大
かつての町並みをいまに伝える、殿町の武家屋(大分県)にて。
かつての町並みをいまに伝える、殿町の武家屋(大分県)にて。
    拡大

第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめるの画像 拡大
九州からの帰路、クルーズコントロール機能を試しつつ、東へと進む。
九州からの帰路、クルーズコントロール機能を試しつつ、東へと進む。
    拡大
鏡面の面積が広く取られた、フレームレスタイプのルームミラー。これも安全性を考慮した装備の一つである。
鏡面の面積が広く取られた、フレームレスタイプのルームミラー。これも安全性を考慮した装備の一つである。
    拡大

これなら長く付き合える

ただ、この全車速追従機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)も、本当に作動してくれるかとドキドキする場面はある。自分でブレーキを踏むべく、左足をぎりぎりペダル手前で待機させられるが、足がちょっとでもペダルに触れればシステム自体がキャンセルされてしまう。ということは、現実的に、完全停止するような状況では、ペダルを自分でしっかり踏み込む必要があるわけだが、前走車と自車の双方がそれなりに動いている状況ではさほど問題はない。

しかし周囲のクルマすべてがコレに慣れてしまうと、ACCの機能をあてにして「強引な割り込みも可能である」と判断されかねない。その昔、ディスクブレーキが登場した初期には追突事故が頻発した、というような話を思い出す。ACCには、そうした問題が生じなければいいが、と個人的には案じている。

ここでディーゼルエンジンのレスポンスをあらためて見直す。自動で加速するにしても従来のガソリンエンジンではもっさりした立ち上がりであったが、このディーゼルエンジンはスッと出る。ターボの過給についても、ガソリンエンジンのようなバタフライがないので過給が立ち上がるのを待つ必要はなく、燃料が供給されるやそこでスッと立ち上がる。低めとはいえ、圧縮比16というのは、やはり威力がある。

ほぼすべての点でガソリンエンジンを凌駕(りょうが)しつつあるボルボのディーゼルエンジンではあるが、尿素触媒を使うことなく規制をクリアしており、一般にディーゼルエンジンの欠点といわれている排ガスの悪臭と無縁であることも付記しておこう。

3日で2500km以上走った実感を言うなら、やはり経済性のありがたみが大きい。帰り(美祢~横浜間)の高速料金1万9000円に対して、燃料費は5000円以下。概算で、1km走行あたりの道路代がおよそ20円であるのに対し、燃料代は5円ほどだった。

3日間にわたった試乗は、時間にしてのべ42時間(1日目:18時間/2日目:9時間/3日目:15時間)で、距離にして2650km。
これだけ連続して乗って(座って)いても、疲れを覚えることはなかった。これは、シートの座り心地がよく乗り心地として快適だったからにほかならない。というよりも、普通は飽きてくるものだ。ボルボV40 D4は、これだけ乗っても、また次の日に乗る際に拒否反応が起こらなかった。これはボルボに接するたびに感心する事柄だ。長く付き合っても、決して飽きないクルマである。

(文=笹目二朗/写真=小林 稔)

→ボルボのオフィシャルサイトはこちら

「V40 D4 SE」に限らず、全車速追従機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロールは、すべてのボルボ車に標準装備となる。
「V40 D4 SE」に限らず、全車速追従機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロールは、すべてのボルボ車に標準装備となる。
    拡大
駐車ガイド付きのリアビューカメラも、全車に備わるアイテム。写真は、その表示画面。
駐車ガイド付きのリアビューカメラも、全車に備わるアイテム。写真は、その表示画面。
    拡大

第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめるの画像 拡大
オプションのレザーパッケージをセレクトした、テスト車の前席。シートヒーターも備わる。
オプションのレザーパッケージをセレクトした、テスト車の前席。シートヒーターも備わる。
    拡大
今回の試乗では、往路最初の給油までに1224kmを走行。その後の2日を含む3日間で、計2650kmを走行した。全行程の燃費(満タン法)は、JC08モード値を超える20.7km/リッターだった。
今回の試乗では、往路最初の給油までに1224kmを走行。その後の2日を含む3日間で、計2650kmを走行した。全行程の燃費(満タン法)は、JC08モード値を超える20.7km/リッターだった。
    拡大

テスト車のデータ

ボルボV40 D4 SE

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm
ホイールベース:2645mm
車重:1550kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190ps(140kW)/4250rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)205/50R17 93W/(後)205/50R17 93W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:20.0km/リッター(JC08モード)
価格:399万円/テスト車=463万9000円
オプション装備:パノラマガラスルーフ(19万円)/メタリックペイント(8万3000円)/歩行者エアバッグ(6万2000円)/モダンウッドパネル(2万1000円)/PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)キーレスドライブ(3万1000円)/パークアシストパイロット+パークアシストフロント(5万2000円)/レザーパッケージ<本革シート+助手席8ウェイパワーシート+フロントシートヒーター>(21万円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:2474km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(9)/山岳路(0)
テスト距離:2650.3km
使用燃料:127.9リッター
参考燃費:20.7km/リッター(満タン法)/23.2km/リッター(車載燃費計計測値)

ボルボV40 D4 SE
ボルボV40 D4 SE
    拡大
キャビンに開放感をもたらす「パノラマガラスルーフ」。19万円のオプション。
キャビンに開放感をもたらす「パノラマガラスルーフ」。19万円のオプション。
    拡大
荷室の様子。後席や助手席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の様子。後席や助手席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
    拡大

第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめるの画像 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V40 の中古車
関連キーワード
V40ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。