東京モーターショー2015

500psの限定モデルBMW M4 GTS、世界初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
東京モーターショー2015で世界初公開された限定モデル「BMW M4 GTS」。
東京モーターショー2015で世界初公開された限定モデル「BMW M4 GTS」。 拡大

【東京モーターショー2015】500psの限定モデル「BMW M4 GTS」、世界初公開

BMWは2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーに、BMWの新たなハイパフォーマンスモデル「M4 GTS」や、フラッグシップセダン「7シリーズ」の新型を出展した。

この日は、BMWグループのデザイン本部長エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏も登壇。新型「BMW 7シリーズ」のデザインについて説明した。


	この日は、BMWグループのデザイン本部長エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏も登壇。新型「BMW 7シリーズ」のデザインについて説明した。
	拡大
「BMW 740Li」
「BMW 740Li」 拡大
新型「7シリーズ」に続いて披露された「M4 GTS」。BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長(写真右端)自ら、その高性能ぶりを紹介した。
新型「7シリーズ」に続いて披露された「M4 GTS」。BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長(写真右端)自ら、その高性能ぶりを紹介した。 拡大
「M4 GTS」の車体後部には、大きなリアウイングが装着される。0-100km/hの加速タイムは、3.8秒。
「M4 GTS」の車体後部には、大きなリアウイングが装着される。0-100km/hの加速タイムは、3.8秒。 拡大
BMWのブース内には、プラグインハイブリッドモデル(写真)や電気自動車も並べられた。
BMWのブース内には、プラグインハイブリッドモデル(写真)や電気自動車も並べられた。 拡大

■500psのスペシャルモデルが登場

BMWはM4 GTSをワールドプレミア、2015年10月に国内で発表された新型7シリーズも出展した。モデル紹介に先立ってBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長が壇上に立ち、BMWの売り上げが全世界で好調であることを報告した。
クロンシュナーブル氏によれば2014年は過去最高の販売台数を記録、2015年も9月末までの期間でみると対前年比で12%の売り上げ増を達成しているとのことだ。

ここで新型7シリーズの名が呼ばれ、白い「BMW 740Li」がステージに登場した。モデル概要の説明は、BMWグループのデザイン本部長であり副社長も務めるエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏が行った。

ファン・ホーイドンク氏によれば、新型7シリーズのデザインテーマはモダンラグジュアリーとのこと。同車が秘めるインテリジェンスやハイテクノロジーを、造形としても表現したと述べた。具体的には、必要な空気の流入量に応じて開閉するフロントグリルや、「BMW i8」にも採用したレーザーライトを挙げた。
デザイン全体では、最低限のラインでアンダーステートメントな表現を心がけつつ、クロムの処理などの細部にこだわったとのことだった。

もう一台のBMW M4 GTSを紹介したのは、BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長。M社が手がけたモデルの、2014年の売り上げは対前年比で+44%と大幅に伸びており、2015年も大幅な増加が見込まれるという。そして2016年に世界700台限定で投入するのが、このBMW M4 GTSだ。
「M3」「M4」に搭載する3リッター直列6気筒ターボエンジンを大幅にチューンしたエンジンは、最高出力500psを発生。軽量構造の徹底や、20%の軽量化を果たしたチタン製マフラーの採用などで、車重1510kgにまでダイエットしている。
ファン・ミール氏は、「レーシングカーのエキサイトメントを堪能できるモデルです」とM4 GTSを紹介した。

BMWはほかに、「X5 xDrive40e」「330e」「225xe」といったプラグインハイブリッド車を持ち込み、自社の戦略において「電気」が重要であることをあらためて示した。

(文=サトータケシ)

関連キーワード:
7シリーズ, 4シリーズ クーペ, BMW, 東京モーターショー2015, イベント, 自動車ニュース

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
ホームへ戻る