クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第425回:ローマ教皇の新パレード車に、いすゞ採用!

2015.11.20 マッキナ あらモーダ!

教皇は倹約家

2013年3月に就任したローマ教皇フランシスコは、質素をよしとすることで知られてきた。故郷アルゼンチンでの司教時代には、電車で移動する写真が残されている。
教皇就任後も、その倹約家ぶりが報じられてきた。イタリアの主要紙のひとつ『コリエッレ・デッラ・セーラ』によると、胸に提げる十字架は従来200~500ユーロの品が用いられていたが、フランシスコ教皇のものは56ユーロのスチール製だ。法衣(ほうえ)は彼の下で働く枢機卿用(600~800ユーロ)より安い約120ユーロという。昼ごはんは修道院内のセルフサービス食堂で済ませている。
イタリアで昨2014年の暮れに行われた「信頼できるものは何か?」との調査では、87%が「フランシスコ教皇」と答え、2位の「公安機関」(67%)、3位の「教育機関」(53%)を引き離した。その背景は、そうした教皇の姿勢への好感からであろう。

イタリアの土産物店で。フランシスコ教皇のお面がオバマ米大統領やレンツィ伊首相のものと共に販売されているのは、その人気ゆえであろう。
イタリアの土産物店で。フランシスコ教皇のお面がオバマ米大統領やレンツィ伊首相のものと共に販売されているのは、その人気ゆえであろう。 拡大

米国では「フィアット500L」も

クルマに関してもフランシスコ教皇は、簡素化を進めている。就任後、公用車40台を一気に廃止。クルマを奪われた高位聖職者たちの一部は「徒歩」に切り替えを余儀なくされた。また、自身が外国訪問のとき空港から移動するために使う車両も、シンプルになった。
例えば、2013年7月、教皇がリオデジャネイロを訪問したときは、フィアットのミニMPV「イデア」が用いられた。その模様を中継していたイタリアのテレビ放送によると、防弾装備は一切施されていないという。1960年代中盤以降、歴代教皇が、メルセデス・ベンツの「600プルマン」を主に使用していたのとは隔世の感がある。

バチカンのサン・ピエトロ大聖堂や訪問国のミサで、より多くの人々が教皇の姿を見られるようにと用いられている車両、通称「パーパモービル」もしかりだ。かつては、1981年に元教皇ヨハネ・パウロ2世が銃撃されたときに乗っていたことでも知られるフィアットの四輪駆動車「カンパニョーラ」がメインに用いられていた。後年はメルセデス・ベンツの「Gクラス」や「Mクラス」をベースにしたものがパーパモービルの主流となった。
しかし、フランシスコ教皇が就任すると、かつてのカンパニョーラを使用するとともに、各地でよりポピュラーなブランドを基にしたパーパモービルが使われるようになった。
例として、2015年9月の米国訪問では「ジープ・ラングラー」のパーパモービルが用いられた。また、移動用にも「フィアット500L」が用いられた。

ローマ教皇が移動用に使用したブラジル・フィアット製「イデア」の同型車。
ローマ教皇が移動用に使用したブラジル・フィアット製「イデア」の同型車。 拡大
こちらはイタリアにおける「フィアット・イデア」。すでにイタリア、ブラジルともカタログから消えたが、一般的なミニMPVであった。
こちらはイタリアにおける「フィアット・イデア」。すでにイタリア、ブラジルともカタログから消えたが、一般的なミニMPVであった。 拡大
メルセデス・ベンツによってバチカンに納車された1965年の「600プルマン ランドーレット」。
 
メルセデス・ベンツによってバチカンに納車された1965年の「600プルマン ランドーレット」。
	  拡大

「いすゞD-Max」が教皇車に!

そうしたなか、2015年11月初旬のことである。フランシスコ教皇がイタリア中部フィレンツェを訪問した。そのニュースに映るパーパモービルに思わず目を奪われてしまった。いすゞの「D-Max」をベースにしたものだ。
教皇のシートは紋章が刻まれた分厚いバックレスト付き。その後ろに現地の枢機卿などが座る2名分のバックレストのないシートが付いている。参考までに、べース車両はイタリアで「クルー」と呼ばれているダブルキャビン仕様である。

実はこのD-Max、2015年1月のフィリピン訪問ですでに使用されているが、今回初めてバチカンを抱くイタリア半島での登場となった。

歴史をひもとけば、前述のフィアット・カンパニョーラが採用される前、1976年からごく短期間、パーパモービルとして初めて「トヨタ・ランドクルーザー」(BJ40型)型が用いられているので、D-Maxが初の日本ブランドというわけではない。しかし久々の日本ブランドのパーパモビルであることはたしかだ。

いすゞのイタリアの現地法人ミディ・ヨーロッパはリリースで、「バチカンとのコラボレーションは、いすゞにとって、まさに誇りであり、フランシスコ教皇とともにあることは、素晴らしい実績」と興奮気味に報じている。
当日ボクは東京で仕事をしていて写真の入手がままならなかったので、今回は描き下ろしイラストでお許しいただこう。

同時に油断はできない。2014年8月の韓国訪問では、教皇本人の「いちばん小さなクルマを」との要望を受けるかたちでキアのミニSUV「ソウル」が、2015年6月にはバチカンで、キアと同じグループのヒュンダイ寄贈によるSUV「サンタフェ」オープン仕様が用いられているのだ。ライバルは少なくない。

しかし「質素」を強調すべく小さいクルマを選んでも、ここまで車種を増やしてしまうと、「これから維持費が大変で、いっそのことメルセデスGクラス1台のほうがよかったのでは?」 などと、イタリアでクルマ1台を維持するだけでヒーヒー言っているボクは心配してしまう。
まあ、何度クルマを変えても、教皇のナンバープレートは「SCV1」なのだから、少なくとも登録費用はなしだな、などと、どこまでも小市民的発想が抜けない筆者であった。

(文とイラスト=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、ダイムラー、FCA)

2代目「フィアット・カンパニョーラ」(1974~79年)。
2代目「フィアット・カンパニョーラ」(1974~79年)。 拡大
もちろん、パーパモービルはフィアットやメルセデス以外にも以前からあった。これはヨハネ・パウロ2世のフランス訪問時に使われた「プジョー504」。(フランス・ソショーのプジョー博物館蔵)
もちろん、パーパモービルはフィアットやメルセデス以外にも以前からあった。これはヨハネ・パウロ2世のフランス訪問時に使われた「プジョー504」。(フランス・ソショーのプジョー博物館蔵) 拡大
「メルセデス・ベンツGクラス」のパーパモービル。メルセデス・ベンツ博物館コレクションをミラノで展示したときのもの。
「メルセデス・ベンツGクラス」のパーパモービル。メルセデス・ベンツ博物館コレクションをミラノで展示したときのもの。 拡大
「フィアット500L」イタリア市販仕様
「フィアット500L」イタリア市販仕様 拡大
「フィアット500L」イタリア市販仕様
「フィアット500L」イタリア市販仕様 拡大
フィレンツェの街を行く、「いすゞD-Max パーパモービル」の図。(大矢アキオ筆)
フィレンツェの街を行く、「いすゞD-Max パーパモービル」の図。(大矢アキオ筆) 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。