さらなる軽量化を果たした新型エリーゼが登場

2015.12.04 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。 拡大

さらなる軽量化を果たした新型「ロータス・エリーゼ」が登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは、「ロータス・エリーゼ スポーツ/スポーツ220」の販売を2015年12月1日に開始した。

クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。
クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。 拡大
「エリーゼ スポーツ220」
「エリーゼ スポーツ220」 拡大
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。 拡大
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
 
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
	  拡大

■車両重量を従来モデルから10kg軽減

エリーゼ スポーツとエリーゼ スポーツ220は、既存の「エリーゼ」および「エリーゼS」の改良モデルである。

車両重量はエリーゼ スポーツで866kg、エリーゼ スポーツ220で914kgと、ともに従来モデルより10kg軽量化(いずれも本国公表値)。1.8リッターエンジンを搭載したエリーゼ スポーツ220は、0-100km/h加速4.6秒、最高速234km/hという動力性能を実現している。また今回の改良により、姿勢制御システムの「ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント(DPM)」には、これまでオプションだった「スポーツ」モードが標準で採用された。

このほかにも、インテリアには新たに軽量スポーツシートを設定。インテリアトリムにはレザーやアルカンターラに加え、クラシックタータンをラインナップしている。

ボディーカラーは「ソリッド・レッド」「ソリッド・イエロー」「レーシング・グリーン」「メタリック・ブルー」「メタリック・シルバー」「メタリック・ホワイト」「メタリック・グレイ」「メタリック・オレンジ」「メタリック・ブラック」「エリーゼ・グレイ(リア・ディフューザーはマット・ブラック)」の全10色。タイヤサイズは前が175/55ZR16 、後ろが225/45ZR17で、オプションで鍛造アルミホイールが用意されている。

価格はエリーゼ スポーツが599万4000円、エリーゼ スポーツ220が712万8000円。日本でのデリバリー開始は2016年4月が予定されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • 「ロータス・エリーゼ」の最終モデル「エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション」登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エリーゼ」の最終生産モデルとなる「エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション」が登場。ベースモデルより23PSパワフルなハイチューンエンジンや、軽量鍛造アルミホイール、デジタルメーターなどが採用されている。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る