装備を充実させた特別な三菱eKスペースが登場

2015.12.04 自動車ニュース

「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」


	「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」
	拡大

装備を充実させた特別な「三菱eKスペース」が登場

三菱自動車は2015年12月3日、軽トールワゴン「eKスペース」に、特別仕様車「Style Edition(スタイルエディション)」を設定し、販売を開始した。

「eKスペースGスタイルエディション」
「eKスペースGスタイルエディション」 拡大

■専用設定される2種類の新色にも注目

今回のスタイルエディションは、「G」と「カスタムT」の2グレードをベースに、装備をより充実させた特別仕様車である。

具体的には、「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム」と「誤発進抑制機能運転支援システム」からなる「e-Assist」を標準装備としたほか、フロントウィンドウとフロントドア/フロントクオーターウィンドウに、IR(赤外線)カット機能を追加。またカスタムTスタイルエディションにはマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)を、Gスタイルエディションにはリア両側ワンタッチ電動スライドドアを採用した(リア両側ワンタッチ電動スライドドアはカスタムTではベース車に標準装備)。また4WD車に加え、FF車にも寒冷地仕様を標準で採用している。

内外装にも手を加えており、Gには通常はオプション扱いの14 インチアルミホイールを標準装備。カスタムTにはメッキモールとピアノブラックの装飾を施した本革巻きステアリングホイールを採用したほか、ドアアームレストにメッキ調ラインモールを施している。

ボディーカラーには、Gでは同車専用設定の2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を含む5種類の、カスタムTでは同じく専用設定の「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を含む5種類のバリエーションを設定。なおカスタムTで2トーンスタイルを選択した場合、フロントグリル、ヘッドライトアクセント、フォグランプベゼル、テールゲートガーニッシュをダーククロムメッキ化した「アーバントーンスタイル」がセットとなる。

価格は以下の通り。
・Gスタイルエディション(FF):151万4160円
・Gスタイルエディション(4WD):162万1080円
・カスタムTスタイルエディション(FF):180万9000円
・カスタムTスタイルエディション(4WD):191万5920円

(webCG)
 

関連キーワード:
eKスペース, eKスペース カスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか? 2020.2.12 デイリーコラム 三菱の新型軽乗用車「eKスペース/eKクロス スペース」がデビュー。軽スーパーハイトワゴンカテゴリーを席巻するあのクルマに、果たして勝つことはできるのだろうか。三菱のスタッフを直撃した。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る