マツダはRX-VISIONやカスタマイズカーを出展【東京オートサロン2016】

2015.12.14 自動車ニュース
「Global MX-5 Cup」仕様の「マツダ・ロードスター」。
「Global MX-5 Cup」仕様の「マツダ・ロードスター」。 拡大

【東京オートサロン2016】マツダは「ロードスター」や「CX-3」のカスタマイズモデルを出展

マツダは2015年12月14日、“カスタマイズカーの祭典”東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)における出展概要を発表した。

「CX-3 Racing Concept 2016」
「CX-3 Racing Concept 2016」 拡大
コンセプトカー「LM55 ビジョン グランツーリスモ」。ゲームソフト『グランツーリスモ6』上でドライビングが楽しめる。
コンセプトカー「LM55 ビジョン グランツーリスモ」。ゲームソフト『グランツーリスモ6』上でドライビングが楽しめる。 拡大
東京モーターショー2015にも出展された「RX-VISION」。
東京モーターショー2015にも出展された「RX-VISION」。 拡大

今回のマツダの出展テーマは、「Be a driver.~人とクルマの関係は、『走る歓び』でもっともっと深くなる~」。
ブースには、東京モーターショー2015で世界初公開されたコンセプトモデル「RX-VISION」や、市販車をベースに専用デザインのエアロパーツを装着した「CX-3」「ロードスター」「アテンザ」のカスタマイズモデル、2016年から世界で開催を予定しているレース「Global MX-5 Cup」仕様のロードスターが展示される。

さらに、2015年6月に英国で開催されたヒストリックモータースポーツイベント「2015 Goodwood Festival of Speed(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード)」を紹介するコーナーや、プレイステーション3用ゲームソフト『グランツーリスモ6』上でコンセプトカー「マツダLM55 ビジョン グランツーリスモ」がドライブできるコーナーも設けられる。

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, CX-3, デミオ, アテンザセダン, マツダ, 東京オートサロン2016, イベント, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
ホームへ戻る