FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開

富士重工業は、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、トヨタ自動車と共同で開発を進めている新型FRスポーツカー「スバルBRZ」のコンセプトモデル「スバルBRZコンセプト -STI-」を公開した。

このコンセプトカーは、「スバルBRZが持つ将来の発展性を示すひとつのかたち」を示しており、最高のハンドリング性能をイメージして作られたという。

フロントフェイスにはヘキサゴン(六角形)のアンダーグリル、「ホークアイモチーフ」のヘッドライト、フィン形状のフォグランプが採用されており、一目でスバルとわかるデザインを目指した。また、STI製フロントアンダースポイラーと車体後部のウイング型スポイラーによって空力性能を高め、優れた直進安定性とハンドリング性能の実現を狙った。

一方、力強く張り出したリアフェンダー、大型のリアディフューザーなどで、STIが持つパフォーマンスイメージを訴求している。すでに「WRX STI」の一部モデルに採用されているカーボンルーフを 装着して、軽量化と低重心化を実現し、「WRブルーパールII」のボディカラーを採用してレーシングイメージを高めた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1800×1280mm、ホイールベースは2570mmと発表されている。

搭載されるエンジンは、BRZ専用となる2リッター水平対向4気筒ガソリンユニット。ボア×ストロークは86×86mmのスクエアストロークで、トヨタの直噴技術“D-4S”が組み合わされている。既存のスバル車に対して、約120mm低く、約240mmキャビンに寄せてマウントすることで、世界でもトップレベルの低重心化を実現したという。

サスペンションには横剛性に優れたSTIチューンをほどこし、STI製の軽量18インチアルミホイールを装着。BRZが持つハンドリング性能に、さらに磨きをかけた。ブレーキはブレンボ製。前:215/45R18、後:225/45R18サイズのタイヤを装着している。

(webCG 竹下)

「スバルBRZコンセプト -STI-」
「スバルBRZコンセプト -STI-」 拡大

FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】の画像 拡大

FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】の画像 拡大
FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】の画像 拡大

FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】の画像 拡大
FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
BRZ, スバル, ロサンゼルスモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る