日産、新型クーペのインフィニティQ60を披露【デトロイトショー2016】

2016.01.12 自動車ニュース
「インフィニティQ60」
「インフィニティQ60」 拡大

【デトロイトショー2016】日産が新型クーペの「インフィニティQ60」を披露

日産自動車は2016年1月12日、2016年北米国際自動車ショー(デトロイトショー、開催期間:2015年1月24日まで)において、インフィニティブランドの新型2ドアクーペ「Q60」を世界初公開した。

Q60は全長×全幅×全高=4685×1850×1385mm、ホイールベース=2850mmというボディーサイズの2ドア4座クーペである。インフィニティのスポーツクーペとしては3世代目のモデルであり、これまでの2モデル「G35クーペ」「G37クーペ」については、日本では「スカイラインクーペ」という名称で販売されていた。

パワーユニットは2リッター直4ターボエンジンと新開発の3リッターV6ツインターボエンジンで、後者については300hp仕様と400hp仕様の2種類を設定。トランスミッションにはいずれも7段ATが組み合わされる。

各エンジンの主要諸元は以下の通り。

<2リッター直4ターボエンジン>
・最高出力:211ps(155kW)/5500rpm
・最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(300hp)>
・最高出力:304ps(224kW)/6400rpm
・最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1600-5200rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(400hp)>
・最高出力:405ps(298kW)/6400rpm
・最大トルク:48.4kgm(475Nm)/1600-5200rpm

シャシーのチューニングは乗り心地のよさと優れたハンドリングの最適なバランスを追求したもので、足まわりには新たに「ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)」を採用。また操舵(そうだ)機構には第2世代の「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)」を用いており、ドライブモードセレクターの操作により、ステアリングの反応をドライバーの好みに合わせて調整することができる。

(webCG)

→「インフィニティQ60」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
スカイラインクーペ, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る