日産、新型クーペのインフィニティQ60を披露【デトロイトショー2016】

2016.01.12 自動車ニュース
「インフィニティQ60」
「インフィニティQ60」 拡大

【デトロイトショー2016】日産が新型クーペの「インフィニティQ60」を披露

日産自動車は2016年1月12日、2016年北米国際自動車ショー(デトロイトショー、開催期間:2015年1月24日まで)において、インフィニティブランドの新型2ドアクーペ「Q60」を世界初公開した。

Q60は全長×全幅×全高=4685×1850×1385mm、ホイールベース=2850mmというボディーサイズの2ドア4座クーペである。インフィニティのスポーツクーペとしては3世代目のモデルであり、これまでの2モデル「G35クーペ」「G37クーペ」については、日本では「スカイラインクーペ」という名称で販売されていた。

パワーユニットは2リッター直4ターボエンジンと新開発の3リッターV6ツインターボエンジンで、後者については300hp仕様と400hp仕様の2種類を設定。トランスミッションにはいずれも7段ATが組み合わされる。

各エンジンの主要諸元は以下の通り。

<2リッター直4ターボエンジン>
・最高出力:211ps(155kW)/5500rpm
・最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(300hp)>
・最高出力:304ps(224kW)/6400rpm
・最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1600-5200rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(400hp)>
・最高出力:405ps(298kW)/6400rpm
・最大トルク:48.4kgm(475Nm)/1600-5200rpm

シャシーのチューニングは乗り心地のよさと優れたハンドリングの最適なバランスを追求したもので、足まわりには新たに「ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)」を採用。また操舵(そうだ)機構には第2世代の「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)」を用いており、ドライブモードセレクターの操作により、ステアリングの反応をドライバーの好みに合わせて調整することができる。

(webCG)

→「インフィニティQ60」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
スカイラインクーペ, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 NEW
    トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】NEW 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • BMWが新型「M3セダン」と「M4クーペ」を世界初公開 2020.9.24 自動車ニュース 独BMWは2020年9月23日(現地時間)、「M3セダン」および「M4クーペ」の新型を世界初公開した。現行モデルと同様に標準モデルと高出力モデルを用意しており、後者には最高出力510PSの3リッター直6ツインターボエンジンを搭載している。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る