日産、新型クーペのインフィニティQ60を披露【デトロイトショー2016】

2016.01.12 自動車ニュース
「インフィニティQ60」
「インフィニティQ60」 拡大

【デトロイトショー2016】日産が新型クーペの「インフィニティQ60」を披露

日産自動車は2016年1月12日、2016年北米国際自動車ショー(デトロイトショー、開催期間:2015年1月24日まで)において、インフィニティブランドの新型2ドアクーペ「Q60」を世界初公開した。

Q60は全長×全幅×全高=4685×1850×1385mm、ホイールベース=2850mmというボディーサイズの2ドア4座クーペである。インフィニティのスポーツクーペとしては3世代目のモデルであり、これまでの2モデル「G35クーペ」「G37クーペ」については、日本では「スカイラインクーペ」という名称で販売されていた。

パワーユニットは2リッター直4ターボエンジンと新開発の3リッターV6ツインターボエンジンで、後者については300hp仕様と400hp仕様の2種類を設定。トランスミッションにはいずれも7段ATが組み合わされる。

各エンジンの主要諸元は以下の通り。

<2リッター直4ターボエンジン>
・最高出力:211ps(155kW)/5500rpm
・最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(300hp)>
・最高出力:304ps(224kW)/6400rpm
・最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1600-5200rpm

<3リッターV6ツインターボエンジン(400hp)>
・最高出力:405ps(298kW)/6400rpm
・最大トルク:48.4kgm(475Nm)/1600-5200rpm

シャシーのチューニングは乗り心地のよさと優れたハンドリングの最適なバランスを追求したもので、足まわりには新たに「ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)」を採用。また操舵(そうだ)機構には第2世代の「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(DAS)」を用いており、ドライブモードセレクターの操作により、ステアリングの反応をドライバーの好みに合わせて調整することができる。

(webCG)

→「インフィニティQ60」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
スカイラインクーペ, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • 初代とはまるで違う!? 2021年秋登場の新型「レクサスNX」はここに注目! 2021.6.21 デイリーコラム 2021年秋に国内販売がスタートする、新型「レクサスNX」。同ブランドのグローバルコアモデルと位置づけられるSUVは、どんな思いでつくられたのか? こだわりのポイントについて、開発責任者やデザイナーに話を聞いた。
  • アウディS3スポーツバック ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】 2021.6.23 試乗記 アウディのスポーツコンパクト「S3」がフルモデルチェンジ。小柄なボディーに高出力ターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせたホットハッチは、いかなる進化を遂げたのか? 可変サスペンションを備えた「ファーストエディション」で、その走りを試した。
  • 新型レクサスNX 2021.6.20 画像・写真 2021年秋ごろに販売がスタートする、新型「レクサスNX」。グローバルで高い人気を得ている初代モデルに対し、さらに基本性能を磨き上げたという2代目は、どんなSUVに仕上がった? その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る