【トミカプレミアムNo.11】日産スカイラインGT-R VスペックII Nur

2017.08.30 トミカ大写真展

強力な直6ツインターボエンジン「RB26DETT」と電子制御4WDをはじめとしたハイテクを擁し、1989年に登場した“第2世代GT-R”。1999年デビューのR34型はその集大成にあたり、“最後の直6 GT-R”として今日でも根強い人気を保っている。

※解説は実車のもの

【トミカ スペック】
スケール:1/62
パッケージサイズ:全長×全幅×全高=78×41×39mm
可動箇所:サスペンション/左右ドア開閉
タカラトミーモール価格:864円

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
ホームへ戻る