第4回:クルマは乗らなきゃわからない
週末にちょいと遠乗りしてみた

2016.01.13 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

毎日、ちょい乗りばかりなので、去る三連休に「フォーカス」でちょこっと遠乗りしてみた。そしたらその実力の片りんがいろいろ見えてきた。やっぱり、クルマは、乗ってみなけりゃわからない。

遠乗りしても疲れないクルマだ

街なかのちょい乗りでは、フォーカスは1.5リッターエンジンと聞いて想像するよりずっと力強く、グイグイ走る。しかも、ターボらしくない「ツキ」のいいエンジンであることも、紹介したとおりである。

それに加えて、高速道路もかなりイケることが今回の遠乗りでわかった。エンジンの回転を上げなくても高速道路の流れに乗れるので、エンジンノイズが抑えられ、室内がすごく静か。また、巡航時は姿勢がフラットに保たれるので、乗り心地も快適。遠乗りしても疲れないクルマだ。

……というわけで、埼玉県は秩父鉄道の三峰口駅で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第3回:どこか日本車っぽさもある最新フォーカスの意外な(?)一面
第5回:世界的な人気モデルならではのこまやかな気配りに感服!

街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。
街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。 拡大
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。 拡大
フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • マツダが「マツダ6」を一部改良 「100周年特別記念車」に2.5リッターターボ車を設定 2020.12.3 自動車ニュース マツダがDセグメントモデル「マツダ6セダン/ワゴン」を一部改良。「100周年特別記念車」に新たに2.5リッターガソリンターボのモデルを設定したほか、100周年特別記念車を除く全車において、外装色に「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
ホームへ戻る