第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
3カ月間で3800kmを後にして思ったこと

2016.03.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR>
「フォーカス」が編集部に来てから丸3カ月。結局、3800kmあまりを走行した。
「フォーカス」が編集部に来てから丸3カ月。結局、3800kmあまりを走行した。 拡大

3カ月間、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス!

しばしば取材のお供としても活躍した。これは「ジャガーXE」の試乗取材に出掛けた時のショット。
しばしば取材のお供としても活躍した。これは「ジャガーXE」の試乗取材に出掛けた時のショット。 拡大
いつも行く、編集部の近くのガソリンスタンドで。3カ月間の燃費の総平均は11.1km/リッターとなった。
いつも行く、編集部の近くのガソリンスタンドで。3カ月間の燃費の総平均は11.1km/リッターとなった。 拡大
フォードの音声認識システム「SYNC」と両立可能な純正ナビゲーションシステムを装着したところ(連載第13回)。やはりナビがあると便利で、装着以降、仕事の出番がさらに増えたように思う。
フォードの音声認識システム「SYNC」と両立可能な純正ナビゲーションシステムを装着したところ(連載第13回)。やはりナビがあると便利で、装着以降、仕事の出番がさらに増えたように思う。 拡大
ありがとうフォーカス!
ありがとうフォーカス! 拡大

乗ればきっと好きになる

編集部の日々の足として東京都内を走ることが多かったフォーカスだが、時には試乗取材のお供として箱根などにも足を伸ばした。3カ月間で走った距離は3872.4kmで、消費したハイオクガソリンの量は349.9リッター。つまり燃費の総平均は11.1km/リッターとなった。

この数値は前回報告したもの(2028.7km走行時、11.0km/リッター)と比較しても、約1%改善されただけである。10%ぐらい平気で上下した連載開始直後と比べたらもうほとんど動きがなく、最近は横ばいの安定傾向を示していた。この辺が都市に住むフォーカスの実質燃費といっていいのではないだろうか。180psもの出力を誇る1.5リッター直4ターボエンジンを搭載し、実際これだけ活発で楽しい走りを備えたクルマでこの数値なら、まずまず優秀だと思う。

走る楽しさといえば、フォーカスというクルマはおそらく乗れば誰もが好きになるクルマではないだろうか、という気がしている。別にお世辞めいたことを言うつもりはない。それだけ走りのスイートスポットが広く、しかもそれがわかりやすいクルマだと言いたいのである。

編集部にはフォーカスを初めて運転するスタッフもいたが、週末ドライブに出掛ければ、必ずやみんな「運転するのが楽しいクルマだね」という感想を口にしたものだ。

最近は運転する楽しさをアピールする自動車メーカーが増えてきた。しかしフォーカスは、思えば2000年に発売された初代モデルから、操る楽しさを備えたクルマだった。生来のハンドリングカーなのだ。

フォードの日本撤退は残念なニュースだが、まだ時間は残っている。確かな手応えを持つクルマをお探しの方は、ぜひフォーカスのステアリングを握ってみて、「ああ、あの記事が言っていたのは、これのことか」とニヤリとしてほしい!

3カ月間、ご愛読ありがとうございました。そしてフォーカスよ、ありがとう。また日本の道で会える日を、心待ちにしているからね。

(webCG 竹下)

第17回:ファミリーカーとしての実力は? フォーカスで週末ドライブに出掛けた

フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る