ミツオカ、ヒミコとリューギの価格を変更

2016.01.20 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大

ミツオカ、「ヒミコ」と「リューギ」の価格を変更

光岡自動車は2016年1月20日、2シーターオープンカー「ヒミコ」とセダン「リューギ」の車両本体価格を、同年1月22日の受注分から変更すると発表した。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」 拡大

同社によれば、今回の価格改定は、材料や生産コスト、生産台数を再考したことによるもの。
対象となるのは9モデルで、変更後には以下の価格で販売される。

【ヒミコ】
・ARDOR(FR/6AT):502万2000円
・ARDOR本革パッケージ(FR/6AT):523万8000円

【リューギ】
・15ST(FF/5MT):237万600円
・15ST(FF/CVT):258万6600円
・15DX(FF/5MT):270万円
・15DX(FF/CVT):289万4400円
・ハイブリッド(FF/CVT):329万9400円
・15ST 4WD(4WD/CVT):270万円
・15DX 4WD(4WD/CVT):300万7800円

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
ホームへ戻る