第334回:鋭意開発中の車両にチョイ乗り
オーテック30周年記念車の走りを試す

2016.02.12 エディターから一言
「A30」と呼ばれる、オーテックジャパン30周年記念モデルの試作車。
「A30」と呼ばれる、オーテックジャパン30周年記念モデルの試作車。 拡大

「ライダー」や「NISMO」シリーズでおなじみのオーテックジャパンが、2016年9月17日に創立30周年を迎える。その記念モデルとして開発が進められている、通称「A30」にテストコースで試乗。オーテックのノウハウが詰まったスペシャルモデルの走りをリポートする。

オーテックジャパンの歴史について紹介する、同社商品戦略部 部長の永澤清和氏。
オーテックジャパンの歴史について紹介する、同社商品戦略部 部長の永澤清和氏。 拡大
オーテックジャパンのコンプリートカー「日産エルグランド ライダー」。
オーテックジャパンのコンプリートカー「日産エルグランド ライダー」。 拡大
エンジンやサスペンションに専用のチューニングを施したコンプリートカー「マーチ12SR」。
エンジンやサスペンションに専用のチューニングを施したコンプリートカー「マーチ12SR」。 拡大
「A30」のリアビュー。「日産マーチ」をベースに、全幅を大幅にワイド化するとともに、エンジンや足まわり、ボディーなどをトータルにチューニングしたコンプリートカーとなる予定だ。
「A30」のリアビュー。「日産マーチ」をベースに、全幅を大幅にワイド化するとともに、エンジンや足まわり、ボディーなどをトータルにチューニングしたコンプリートカーとなる予定だ。 拡大

高い開発能力によって支えられた30年

日産の架装子会社「オーテックジャパン」(以下、オーテック)は今年で創立30周年だそうだ。ちなみにオーテック初代社長はかの桜井眞一郎氏(故人)。初代「スカイライン」の開発にたずさわり、2代目途中からは開発責任者となって、以降7代目途中まで率いた桜井氏は、マニアの間では「スカイラインの父」と呼ばれる伝説の人物である。

オーテックの業務には福祉車両や商用特装車もあるが、われわれ一般のクルマ好きにもっともよく知られているのは、純正カスタムカー事業だろう。現在だと「ライダー」「ボレロ」「NISMO」などがオーテックが手がけるモデルである。また、今では日産製ミニバンの定番グレードに昇格した「ハイウェイスター」も、もともとはオーテックが元祖だ。

オーテックには日産で修羅場をくぐりぬけてきたスゴ腕のベテランエンジニアや職人も在籍しており、オーテックの本職ともいえる外内装モディファイだけでなく、サスペンションやエンジンなどの機関面を含めた企画・開発・生産能力がある。それらを駆使したなかでも、先代の「マーチ12SR」や先代「フェアレディZバージョンNISMO」はオーテックの歴史的名作といっていい。

そんなオーテックは現在“創立30周年記念車”を開発中という。車名は通称「A30」。AUTEC(オーテック)の30周年……というそのものズバリのネーミングだ。

ただし、A30について現時点で公開されているのは、エクステリアデザインの一部と、おおまかなスペックのみ。価格や販売方法の発表もこれからだが、オーテックはそんなA30のプロトタイプをメディアに向けて公開。さらにチョイ乗り試乗も許してくれた。今回はそのお話である。

日産 マーチ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 「ブガッティ東京」オープニングセレモニーの会場より 2021.4.15 画像・写真 東京・南麻布に、ブガッティの国内における唯一のショールーム「BUGATTI TOKYO(ブガッティ東京)」が開設される。同ブランド最新のコーポレートデザインが採用されたショールームの様子を、最高出力1500HPのハイパーカー「シロン」の姿とともに写真で紹介する。
  • 進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? 2021.4.9 デイリーコラム 主力車種「モデル3」を大幅値下げを断行し、3年以内には価格2万5000ドルほどのEVも新規投入するというテスラ。そうした攻めの戦略は、ユーザーのEV意識や自動車業界の勢力図を大きく変えるのか? 識者はこう考える。
  • 既存のシステムとはここがちがう! 世界初の「レベル3自動運転」を実現したホンダの挑戦 2021.4.12 デイリーコラム ホンダが「レジェンド」でレベル3の自動運転システムを実現! 彼らはなぜ、世界に先駆けて自動運転を実現できたのか? そもそも既存の運転支援システムとはどこがちがい、どのような技術が求められたのか? 開発に携わった2人のキーマンに話を聞いた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る