第1回:ビギナーにもマニアな人にもオススメ!
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー350万円編~

2016.02.24 JAIA輸入車試乗会2016
 

輸入車に興味を持ったばかりのビギナーはもちろん、「あえてブランドのエントリーモデルを選びたい」というマニアックなあなたにもオススメ。JAIA輸入車試乗会の会場より、まずは350万円以下の価格帯から、webCG編集部員が気になったクルマを紹介しよう。

スマート・フォーツー エディション1
スマート・フォーツー エディション1 拡大
 
第1回:ビギナーにもマニアな人にもオススメ! 輸入車チョイ乗りリポート~アンダー350万円編~の画像 拡大
 
第1回:ビギナーにもマニアな人にもオススメ! 輸入車チョイ乗りリポート~アンダー350万円編~の画像 拡大
 
第1回:ビギナーにもマニアな人にもオススメ! 輸入車チョイ乗りリポート~アンダー350万円編~の画像 拡大

小さいことはいいことだ
スマート・フォーツー エディション1……199万円

実は私、先代「フォーツー」で京都から東京まで走ったことがあるんですよ。確か、日本導入に合わせて制作された、メルセデスの機関紙の特集をお手伝いしたときのこと。もう10年近くも前なんですね……。

で、今回の新型なのですが、そんなカビの生えた記憶を引っ張り出してわざわざ旧型と比べるまでもなく、ちゃんとしてます。しっかりしてます。最初はそのとぼけたお顔に「また現代版バブルカーみたいなクルマかな? そこが好きなんだけど」なんて思っていたのですが、全然違いました。

試乗は神奈川・大磯周辺の幹線道路が中心だったんですけど、まず感じたのは、走っていて怖くないこと。路面からの入力があってもハンドルはガタガタいわないし、車体も据わりがよくてフラフラしない。これだけのショートホイールベース、しかも鼻先の軽いRRのクルマなので最初はいろいろと覚悟していたのですが、びっくり。

また方々で言われているデュアルクラッチ式ATの変速マナーについても、個人的には気にならないレベル。変速のタイミング、変速時のショックともに、先代のシングルクラッチ式と比べれば雲泥の差だと思いますし、4段とか5段だったちょっと前のトルコンATの方が、よほど違和感があったと記憶しています。

そんなわけで、すっかり普通のいいクルマになってしまったフォーツーでしたが、試乗の終わり際に助手席のK氏が一言。
「スマホいじったりして下向いているときに段差を越えたりすると、やっぱりヒヤッとしますよ」
なるほど。鈍感な私は気づきませんでしたが、やはりピッチングなどにショートホイールベースの影響は出ているようです。

もっとも、それも3.3mという最小回転半径とのトレードオフと思えば、どうということはありません。軽も真っ青な小回り性能と、全長2755mmというほかのクルマではちょっとありえない小ささを駆使して、街をすいすい走る気持ちよさは別格。これからの時代、“300km/h”より“3.3m”の方がよっぽど人の行動範囲を広げてくれると思うのですが、いかが?

(文=webCG ほった/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る