第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン
輸入車チョイ乗りリポート~500万から1000万円編~

2016.03.17 JAIA輸入車試乗会2016

紳士の国の4ドアセダンや、刺激的な伊・独のオープンスポーツモデルなど、価格帯が3ケタ万円の後半に入ると、さまざまな国の多彩なモデルが顔を出すようになる。“インポートカーのボリュームゾーン”の中から、webCGが注目した4台がこちらだ。

ジャガーXE プレステージ
ジャガーXE プレステージ 拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン 輸入車チョイ乗りリポート~500万から1000万円編~の画像 拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン 輸入車チョイ乗りリポート~500万から1000万円編~の画像 拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン 輸入車チョイ乗りリポート~500万から1000万円編~の画像 拡大

モテるにはワケがある
ジャガーXE プレステージ……515万円

長かった。ジャガーが小さなスポーツサルーン「XE」を発売すると初めて告げたのが、2014年3月。それから1年半。日本では2015年の9月に(まずガソリン車のみ)デリバリーが始まった。

心待ちにしていたのは筆者だけではないようで、その2015年末にXEはフィーバー。ハンサムな新型サルーンのおかげで、同年のジャガー販売の台数は前年超えになったという。興味深いのはユーザー像で、最上級モデル「XJ」とは対照的に、8割以上が“ご新規さま”。すなわち、「ジャガーじゃなかった人」なのだ。インポーターによれば、乗り換えのほぼ半数が日本車、残りはドイツ車からとのことだった。

そうした事実と関係あるかは定かでないが、XEの室内は、やや万人向けである。XJを思わせるダッシュボードの外周や、ダイヤル式のシフトセレクターにジャガー的演出が見られるけれど、兄貴分と比べて無国籍と言えなくもない。むしろ驚いたのはパッケージングで、流麗なスタイリングから想像するに、意外なほど後席は広い。センタートンネルが高いため、「中央席は非常用」という条件が付くけれど……。

今回試乗した「プレステージ」は、ガソリンエンジンのXEで、需要の半数を占める中間モデル。最高出力200ps、最大トルク32.6kgmのスペック通り、2リッター直4ターボは余裕たっぷり。不足なし。ただ、終始「ブーン」と無愛想で、艶もなければ味もなし。ならば、2016年2月末に上陸したディーゼル(180ps、43.8kgm)のほうが……という気にもなる。価格差、20万円しかないし。逆に、官能性や革の香りプンプンのインテリアを求めるなら、V6の「XE S」を選べばいい。
そう、XEは全部で7タイプもあるのだ。ボディーカラーは18色。ホイールは14種類。こうしたバリエーションの豊かさも、モテる理由なのかもしれない。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る