第4回:押しも押されもしない高級車の共演
輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~

2016.04.19 JAIA輸入車試乗会2016

車両価格はいよいよ1000万円オーバーの世界へ。パフォーマンスが自慢のスポーツカーや“至れり尽くせり”のプレミアムセダンなど、押しも押されもしない高級車のなかから特にwebCGメンバーが注目したモデルを紹介する。

ポルシェ・ボクスター スパイダー
ポルシェ・ボクスター スパイダー 拡大
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像 拡大
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像 拡大
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像 拡大

買っとけばよかった
ポルシェ・ボクスター スパイダー……1012万円

“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾るスペシャルモデルが「ボクスター スパイダー」である。ボクスター史上最大の3.8リッターフラット6は、ターボ化前の「911カレラS」ゆずり。最高出力375ps、最大トルク42.8kgmを発生する。

「軽量化」もボクスター スパイダーのキーワードだ。ソフトトップの開け閉めは、ほろの先端とリアリッドのロック解除だけが電動。他のボクスターとは違って、それ以外は手作業となる。スポーツバケットシートや、ベルト形状ドアインナーハンドルの採用もお約束だ。

シートに座り、「おもっ」と思った。クラッチペダルの話である。トランスミッションは6段MTのみの設定となる。エンジンに火が入ると、その存在感にほほがゆるむ。オープンカーでミドシップ。音源はすぐそこだ。アクセルを踏み込めば、3000rpm以上でレスポンスが鋭さを増し、5000rpmからはリミット目指して一気に吹け上がる。自然吸気フラット6の金属音と振動が心も揺さぶる。

ボクスター スパイダーは、“自然吸気ボクスター”の純米大吟醸である。残念ながら、正規輸入分はとっくに完売していて手に入らない。次期型の存在も定かではないし、あっても4気筒ターボになるかもしれない。あぁ、買っとけばよかったなぁ。……なんてヒト、多いんじゃないでしょうか?

(文=webCG こんどー/写真=田村 弥)

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
ホームへ戻る