第439回:熱烈ファンも健在! “不死身のライオン”プジョーのいま

2016.03.04 マッキナ あらモーダ!

PSAプジョー・シトロエン、急回復!

PSAプジョー・シトロエン(以下PSA)のカルロス・タバレスCEOは2016年2月24日、「フランス国内の全従業員に約2000ユーロ(約25万円)のボーナスを支給する」と明言した。

同社が2015年に12億ユーロ(約1524億円)の純利益を確保したのを、社員に還元するものだ。参考までに記すと、前年である2014年は5億5500万ユーロ(約704億円)の赤字を計上していた。黒字転換は5年ぶりで、リーマンショック以来続いた長い経営不振のトンネルに、ようやく出口が見えてきたかたちだ。

フランスの公営テレビ局のニュース『TV5モンド』は、背景として、パリ郊外オールネイ・スー・ボワの工場の閉鎖、2014年2月に決定した東風汽車によるPSAへの増資、そして2014年春、ルノーのCOOからPSAのCEOに就任したタバレス社長による「バック・イン・ザ・レース」と名付けられた経営改革が実を結んできたことを挙げている。

製品では「プジョー308」の好調、収益率の高いプレミアムブランドであるDSシリーズが軌道に乗りつつあることが、功を奏しているという。

経営改革のスローガン「バック・イン・ザ・レース」のスライドを前にスピーチするPSAプジョー・シトロエンのカルロス・タバレスCEO。
経営改革のスローガン「バック・イン・ザ・レース」のスライドを前にスピーチするPSAプジョー・シトロエンのカルロス・タバレスCEO。 拡大
「プジョー308」。写真は、2013年のフランクフルトショーでデビューしたときのもの。
「プジョー308」。写真は、2013年のフランクフルトショーでデビューしたときのもの。 拡大
「DS 4」。「DSワールド・パリ」にて。
「DS 4」。「DSワールド・パリ」にて。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事