ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

2011.11.10 輸入車

ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

ルノー・ジャポンは、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、4台のジャパンプレミアを出展する。

今回の東京モーターショーで同社は、コンセプトモデル1台と2012年市販モデル3台の計4台のジャパンプレミアを発表する。

コンセプトモデル「キャプチャー」は、2011年のジュネーブショーで初公開されたスポーティーなクロスオーバー車。「2人で世界を旅する」をテーマに、ルノーの今後のロードカーデザインの方向性を示しているという。走りの楽しみとCO2排出量の削減を両立させたという“dCi160ツインターボエナジーコンセプトエンジン”を搭載する。

一方、2012年の市販予定車として、「ルノー・カングー イマージュ」、「ルノー・ウインド ゴルディーニ」、「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」が発表される。

「カングー イマージュ」は、カングー ビボップと同じデザインのバンパーが装着され、明るい彩りのツートーンの内装が採用されたモデル。
ウインド ゴルディーニ」は、電動回転格納式ハードトップを備えた小型オープンカー「ルノー・ウインド」のスポーティ版として、2011年のジューネーブショーで発表されたもの。
メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」は、先代型と同様に全自動格納式の全面ガラスルーフが用いられている。

この他、「メガーヌ ルノー・スポール」や、「メガーヌGTライン」も展示される。

(文=滝本智志)

「キャプチャー」
「キャプチャー」 拡大
「ルノー・カングー イマージュ」
「ルノー・カングー イマージュ」
拡大
「ルノー・ウインド ゴルディーニ」
「ルノー・ウインド ゴルディーニ」
拡大
「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」
「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
  • 「BMW 3シリーズ ツーリング」に2リッター直4ターボ搭載のエントリーモデル「318i」登場 2020.9.18 自動車ニュース BMWジャパンは2020年9月17日、「3シリーズ ツーリング」に新グレード「318iツーリング」を設定し、販売を開始した。318iツーリングは、既存の「320i SE」に代わる新たなエントリーモデルとなる。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る