DS 4がマイナーチェンジ 派生モデルも登場

2016.04.01 自動車ニュース
「DS 4」
「DS 4」 拡大

マイナーチェンジした「DS 4」、派生モデルとともに発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年4月1日、マイナーチェンジした「DS 4」と、その派生モデルである「DS 4クロスバック」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。
バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。 拡大
「DS 4」のインテリア。
「DS 4」のインテリア。 拡大
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」 拡大
「DS 4クロスバック」のリアビュー。
「DS 4クロスバック」のリアビュー。 拡大
「DS 4」のサイドビュー。
「DS 4」のサイドビュー。 拡大

■よりSUVらしい派生モデルも

DSブランドのクロスオーバーモデルDS 4にマイナーチェンジが施された。フロントグリルには、ダブルシェブロンと呼ばれるシトロエンのエンブレムに代えて、DSブランドのエンブレムを装着。バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」も、新たなアイコンとなっている。

インテリアは、「クルマを操る喜びを高める」とうたわれるコックピットのデザインが特徴。クロームデコレーションの3連メーター、スポーティーなアルミペダル、パノラミックフロントウィンドウなどが備わる。オプションで、高品質なセミアニリンレザーを用いたクラブレザーシートも用意される。

このDS 4に加えて、ルーフモールや専用バンパーなどを装着しSUVテイストが強められたDS 4クロスバックがラインナップされるのもニュース。DS 4クロスバックのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4285×1810×1530mmで、全高およびドライバーのアイポイントはDS 4よりも30mm高くなっているものの、多くの立体駐車場に対応できる点がセリングポイントとされている。 

DS 4とDS 4クロスバックともに、パワーユニットは1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力165ps、最大トルク24.5kgm)。自然吸気の2リッターエンジンをしのぐパフォーマンスを発揮しながら、ストップ&スタート(アイドリングストップ)システムとの相乗効果により、優れた燃費性能も実現するとアピールされる。トランスミッションには、ダイレクトなレスポンスを特徴とする新世代の6段ATを採用。マニュアルモードのシフトスピードを高めることで、よりスポーティーなドライビングを実現したという。

価格は以下の通り。
・DS 4シック:293万円
・DS 4シック DS LED VISIONパッケージ:326万円
・DS 4クロスバック:338万円

(webCG)

関連キーワード:
DS 4, DS 4クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る