クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 4リヴォリBlueHDi(FF/8AT)

ドイツ車乗りが嫉妬する 2022.06.21 試乗記 世界で最も美しいクルマに選出されたDSオートモビルの新型「DS 4」。Cセグメントのベンチマークといわれる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の最新型に乗る筆者が、DS 4のディーゼル車に試乗し、肌で感じた両モデルの違いを報告する。

超プレミアムなコンパクトカー

「世界で最も美しいクルマ」のタイトルを獲得したDS 4。その事実を知らなくても、実車を目の当たりにすれば、他のクルマにはない輝きというか、オーラのようなものを感じることができる。

Cセグメントのベンチマークといわれる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を最近購入した私にとって、このDS 4はあまりにまぶしい。シンプルさが身上のゴルフに対して、DS 4はまさに対極にある存在。もちろん、そのシンプルさを好んでゴルフを手に入れたわけだが、素っ気ないインテリアに満足しているかというとそういうわけではなく、「せめて『アウディA3』くらいの上質さが感じられたら……」とつい思ってしまうことがよくあるのだ。

そんな元祖プレミアムコンパクトのA3の、さらに上を行っているのがDS 4。DSではこのモデルを“プレミアムCセグメント”と位置づけているが、ゴルフ乗りから見たら“超プレミアムコンパクト(Cセグメント)”と言いたいくらいだ。

たとえば、ドアを開けた瞬間に、目に飛び込んでくるダッシュボードのスイッチ。独立した物理スイッチがあるだけでもぜいたくに思えるのに、美しく輝き、さらにその上部をきれいに彩る“クル・ド・パリ”と呼ばれる文様が施されるここだけをとっても、ため息が出てしまう。クル・ド・パリがドアパネルやセンターコンソールなど、運転中に視界に入る各所で繰り返され、いやがうえにも美しく上品な雰囲気が高まる。

2022年4月に日本導入が発表されたDSオートモビルの新型Cセグメントクロスオーバー「DS 4」。今回は1.5リッター直4ディーゼルエンジン搭載の「リヴォリBlueHDi」に試乗した。車両本体価格は469万円。
2022年4月に日本導入が発表されたDSオートモビルの新型Cセグメントクロスオーバー「DS 4」。今回は1.5リッター直4ディーゼルエンジン搭載の「リヴォリBlueHDi」に試乗した。車両本体価格は469万円。拡大
「DS 4」は2022年1月にフランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において、「Most Beautiful Car of the Year」を受賞。世界で最も美しいクルマに選出された。
「DS 4」は2022年1月にフランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において、「Most Beautiful Car of the Year」を受賞。世界で最も美しいクルマに選出された。拡大
ドアから連続する、継ぎ目の少ないダッシュボードデザインが目を引くインテリア。センターに配置される10インチサイズのタッチスクリーン式ディスプレイには、各種インフォテインメントシステムを音声操作できる「DS IRISシステム」が組み込まれている。
ドアから連続する、継ぎ目の少ないダッシュボードデザインが目を引くインテリア。センターに配置される10インチサイズのタッチスクリーン式ディスプレイには、各種インフォテインメントシステムを音声操作できる「DS IRISシステム」が組み込まれている。拡大
「DS 4リヴォリBlueHDi」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4415×1830×1495mm、ホイールベースは2680mm。車重は1470kgと発表されている。
「DS 4リヴォリBlueHDi」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4415×1830×1495mm、ホイールベースは2680mm。車重は1470kgと発表されている。拡大

詰めが甘いところも

それでいて実用性にも富んでおり、ダッシュボードの両端ではなく、ドア側に移されたエアコンの吹き出し口は、高い位置に配置されるぶん、前席の乗員が風を受けやすいのがうれしいところ。それ以外にもうらやましい部分はたくさんあるけれど、DS 4の価格が1.5リッターエンジン搭載のゴルフにオプションを追加した価格とさほど変わらないのが、一番のジェラシーかもしれない。

書き出しから少し愚痴っぽくなってしまったが、同じCセグメントでもそのくらいゴルフとは違うDS 4。インテリア以上に強い印象を受けるのが、見る者の視線をくぎ付けにするエクステリアだ。

やや高めとなる1495mmの全高や余裕ある最低地上高のおかげで、ハッチバックというよりもSUVやクロスオーバーに近い感覚だが、4415mmとCセグメントとしては長い全長のおかげで、全体のバランスは良く、均整のとれたプロポーションに仕上がっているのがいい。

あらためて運転席に着くと、ダッシュボードに埋め込まれた「DS IRISシステム」のディスプレイがほぼ真後ろを向いていて、ドライバーからは左端がやや見にくいのがやや気になるところ。ダッシュボードの素材も、くだんのクル・ド・パリで装飾されたパーツと比べてしまうと、少し安っぽいのが惜しいところだ。

「DS 4」ではプラットフォームに「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」の進化版となる「EMP2 V3」を採用。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式となる。
「DS 4」ではプラットフォームに「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」の進化版となる「EMP2 V3」を採用。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式となる。拡大
空調関連スイッチの下に、インテリアとの調和を崩さぬようデザインされた薄型のエアコン吹き出し口を配置。エンジンのスタート/ストップスイッチにも“クル・ド・パリ”と呼ばれる文様が用いられている。
空調関連スイッチの下に、インテリアとの調和を崩さぬようデザインされた薄型のエアコン吹き出し口を配置。エンジンのスタート/ストップスイッチにも“クル・ド・パリ”と呼ばれる文様が用いられている。拡大
ドアのインナーパネル上部に配置されたパワーウィンドウスイッチ。ドアパネルの加飾からつながるように、スイッチ本体にも“クル・ド・パリ”の文様が用いられている。
ドアのインナーパネル上部に配置されたパワーウィンドウスイッチ。ドアパネルの加飾からつながるように、スイッチ本体にも“クル・ド・パリ”の文様が用いられている。拡大
「リヴォリ」グレードの標準アイテムとなる、シフトセレクター上部に設置された「DSスマートタッチ」。5インチサイズのタッチ式ディスプレイを用いて、手元でインフォテインメントシステムの操作が行える。
「リヴォリ」グレードの標準アイテムとなる、シフトセレクター上部に設置された「DSスマートタッチ」。5インチサイズのタッチ式ディスプレイを用いて、手元でインフォテインメントシステムの操作が行える。拡大

余裕あるディーゼルパワー

そんなDS 4には、ガソリンターボの「PureTech」、ディーゼルターボの「BlueHDi」、さらに、ガソリンターボと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムの「E-TENSE」が用意されており、今回はお家芸といえるディーゼルエンジン搭載グレードを引っ張り出した。

BlueHDiの直列4気筒ディーゼルターボは、1.5リッターの排気量から130PSの最高出力を発生。この数字はPureTechの1.2リッター直列3気筒ガソリンターボと同じだが、最大トルクではBlueHDiのほうが70N・m大きい300N・mを発生するのが頼もしいところ。これに8段オートマチックトランスミッションが組み合わされ、前輪を駆動。WLTCモードでは21.2km/リッターの低燃費を達成する。

このクラスでは2リッターディーゼルを積むライバルが多く、1.5リッターが組み合わされるDS 4の加速性能を心配したが、すぐに不安は解消された。1000rpmを超えたくらいでも豊かなトルクを発生し、1500rpmを過ぎれば実に活発な印象になるから、Cセグメントとしてはやや大きめのボディーをストレスなく加速させる。余裕あるトルクは4000rpm台半ばまで持続し、街なかから高速道路、さらにワインディングロードまで、気持ちのいいい加速をもたらしてくれる、走りだしてしまえば、ディーゼルエンジン特有のノイズや振動は気にならないレベルで、仕上がりの良さはさすがである。

「リヴォリ」グレードは、フロントガラスに装着されたカメラで前方の路面を常時ハイスピードスキャンし、ショックアブソーバーの減衰力を路面状況に合わせて最適化する「DSアクティブスキャンサスペンション」を搭載している。
「リヴォリ」グレードは、フロントガラスに装着されたカメラで前方の路面を常時ハイスピードスキャンし、ショックアブソーバーの減衰力を路面状況に合わせて最適化する「DSアクティブスキャンサスペンション」を搭載している。拡大
1.5リッター直4ディーゼルエンジン「BlueHDi」は、最高出力130PS/3750rpm、最大トルク300N・m/1750rpmを発生。8段ATを組み合わせている。駆動方式はFWDのみの設定となる。
1.5リッター直4ディーゼルエンジン「BlueHDi」は、最高出力130PS/3750rpm、最大トルク300N・m/1750rpmを発生。8段ATを組み合わせている。駆動方式はFWDのみの設定となる。拡大
「リヴォリ」グレードは、縦長のステッチが施されたバサルトブラックレザーシートを標準で装備。試乗車では、前席にヒーターやベンチレーション機能が備わる「パッケージオプション」が選択されていた。
「リヴォリ」グレードは、縦長のステッチが施されたバサルトブラックレザーシートを標準で装備。試乗車では、前席にヒーターやベンチレーション機能が備わる「パッケージオプション」が選択されていた。拡大
前席と同じく、バサルトブラックレザーで仕立てられた後席。背もたれには60:40の分割可倒機構に加え、スキーホールが備わっている。
前席と同じく、バサルトブラックレザーで仕立てられた後席。背もたれには60:40の分割可倒機構に加え、スキーホールが備わっている。拡大

心地よいフラットライド

DS 4の乗り心地はほぼ期待どおり。ひとことで表現すると懐が深く、心地よいフラットライドを実現している。うねりのある路面でも、サスペンションがしなやかに縮み、伸びる際にしっかりと動きを抑えてくれるのが実に気持ちがいい。

ただ、低速では路面によって凹凸を拾うことがあり、コツコツと軽いショックがリアから伝わるのが気になることも。このクルマには標準で205/55R19サイズのタイヤが装着されており、個人的にはもう少し小さいインチでもよかったのではないかと思う。

パッケージングに関しては、後席はヘッドルーム、ニールームともに余裕があるものの、爪先が前席下に入らず足が伸ばせなかったり、ラゲッジスペースのフロアと開口部の段差が高く、荷物の出し入れが少ししにくかったりするのが惜しい。

そんなあら探しをしてしまうのは、たぶんゴルフ乗りの嫉妬心からだろう。もちろんそれらはDS 4の魅力をスポイルするものではないので、ご安心を!

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「DS 4」では、全グレードに19インチホイールが標準装備される。今回試乗した車両には、205/55R19サイズの「ミシュランeプライマシー」タイヤが組み込まれていた。
「DS 4」では、全グレードに19インチホイールが標準装備される。今回試乗した車両には、205/55R19サイズの「ミシュランeプライマシー」タイヤが組み込まれていた。拡大
メータークラスターに7インチの液晶ディスプレイを採用。上級グレードの「リヴォリ」には、フロントガラス越しの約4m先に各種インフォメーションを投影するヘッドアップディスプレイが標準で装備される。
メータークラスターに7インチの液晶ディスプレイを採用。上級グレードの「リヴォリ」には、フロントガラス越しの約4m先に各種インフォメーションを投影するヘッドアップディスプレイが標準で装備される。拡大
後席使用時の荷室容量は430リッター。後席背もたれを前方に倒せば最大1240リッターに拡大できる。試乗車には「パッケージオプション」に含まれるハンズフリー電動テールゲートが備わっていた。
後席使用時の荷室容量は430リッター。後席背もたれを前方に倒せば最大1240リッターに拡大できる。試乗車には「パッケージオプション」に含まれるハンズフリー電動テールゲートが備わっていた。拡大
「リヴォリ」グレードの外板色は、今回の試乗車がまとっていた「ノアールペルラネラ」(7万1500円の有償色)を含む全5色から選択できる。
「リヴォリ」グレードの外板色は、今回の試乗車がまとっていた「ノアールペルラネラ」(7万1500円の有償色)を含む全5色から選択できる。拡大

テスト車のデータ

DS 4リヴォリBlueHDi

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4415×1830×1495mm
ホイールベース:2680mm
車重:1470kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130PS(96kW)/3750rpm
最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)205/55R19 97V/(後)205/55R19 97V(ミシュランeプライマシー)
燃費:21.2km/リッター(WLTCモード)
価格:469万円/テスト車=513万1500円
オプション装備:メタリックペイント<ノアールペルラネラ>(7万1500円)/パッケージオプション<助手席パワーシート+フロントシートヒーター&ベンチレーション+ステアリングヒーター+フロントマルチポイントランバーサポート+ハンズフリー電動テールゲート+FOCAL HiFi 14スピーカー>(37万円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:2170km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:370.0km
使用燃料:21.7リッター(軽油)
参考燃費:17.1km/リッター(満タン法)/16.6km/リッター(車載燃費計計測値)

DS 4リヴォリBlueHDi
DS 4リヴォリBlueHDi拡大
 
DS 4リヴォリBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

DS DS 4 の中古車
関連キーワード
DS 4DS試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。