スバルが快適性を高めたWRXシリーズを発売

2016.04.11 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」 拡大

スバルが快適性を高めた「WRX S4」「WRX STI」を発売

富士重工業は2016年4月11日、スポーツセダン「WRX S4」「WRX STI」に一部改良を実施し、同年5月11日に発売すると発表した。

WRX STI Type S
「WRX STI Type S」 拡大

今回の改良では、インテリアの質感と静粛性の向上が図られている。

具体的には、リアワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプとすることで、リアワイパーによる不快な風切り音を85%低減。また、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化することで、風切り音やロードノイズなどの室内への透過を低減している。さらにインテリアについては、ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更している。

価格は以下の通り。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円
・WRX STI:379万800円
・WRX STI Type S:411万4800円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STI, WRX S4, スバル, 自動車ニュース

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • 清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……? 2021.9.6 デイリーコラム 海外で発表されるやファンを沸かせた新型「日産Z(フェアレディZ)」だが、実際に乗れるのはまだまだ先。その走りについて、わかっている仕様・スペックから言えることは……。自動車ライター清水草一は、こう予想する!
  • ドゥカティ・モンスター+(6MT)【レビュー】 2021.8.26 試乗記 軽量コンパクトな車体に、パワフルな2気筒エンジンを搭載した「ドゥカティ・モンスター」。軽快な走りを身上とするイタリア製ネイキッドスポーツの最新モデルは、このジャンルの理想ともいえる走りを備えたマシンに仕上がっていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る