スバルが快適性を高めたWRXシリーズを発売

2016.04.11 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」 拡大

スバルが快適性を高めた「WRX S4」「WRX STI」を発売

富士重工業は2016年4月11日、スポーツセダン「WRX S4」「WRX STI」に一部改良を実施し、同年5月11日に発売すると発表した。

WRX STI Type S
「WRX STI Type S」 拡大

今回の改良では、インテリアの質感と静粛性の向上が図られている。

具体的には、リアワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプとすることで、リアワイパーによる不快な風切り音を85%低減。また、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化することで、風切り音やロードノイズなどの室内への透過を低減している。さらにインテリアについては、ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更している。

価格は以下の通り。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円
・WRX STI:379万800円
・WRX STI Type S:411万4800円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STI, WRX S4, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • なんで北米専売なの!?
    STIのスペシャルマシン「S209」に思うこと
    2019.1.30 デイリーコラム 北米市場でしか販売されないという、STIの新作コンプリートカー「S209」。日本のファンは、がっかりとうなだれるしかないのか? 自他ともに認める“スバリスト”である筆者が、公表されたスペックや仕立てから同モデルを評価する。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
ホームへ戻る