スバルが快適性を高めたWRXシリーズを発売

2016.04.11 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT EyeSight」 拡大

スバルが快適性を高めた「WRX S4」「WRX STI」を発売

富士重工業は2016年4月11日、スポーツセダン「WRX S4」「WRX STI」に一部改良を実施し、同年5月11日に発売すると発表した。

WRX STI Type S
「WRX STI Type S」 拡大

今回の改良では、インテリアの質感と静粛性の向上が図られている。

具体的には、リアワイパーブレードの形状を空気抵抗の少ないエアロタイプとすることで、リアワイパーによる不快な風切り音を85%低減。また、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化することで、風切り音やロードノイズなどの室内への透過を低減している。さらにインテリアについては、ルーフトリムの素材を従来の不織布からトリコットに変更している。

価格は以下の通り。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円
・WRX STI:379万800円
・WRX STI Type S:411万4800円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STI, WRX S4, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(前編) 2020.9.3 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回ステアリングを握ったのは、スバルとそのファンにとって特別な意味を持つ「WRX STI EJ20ファイナルエディション」。その仕上がりは、走りのプロの目にどう映ったのか?
  • 第181回:マリオインプは三度死ぬ 2020.6.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第181回は「マリオインプは三度死ぬ」。初代「インプレッサWRX」に魅せられた、あるスバリストの半生をたどる。走行距離20万8000km! 不動状態から幾度も復活させつつ、26年もの間、愛車を手放さずにいるワケとは?
ホームへ戻る