メルセデスの新クロスオーバー、GLEクーペ登場

2016.04.27 自動車ニュース
メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」(ほか写真も同じ)
「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」(ほか写真も同じ) 拡大

クーペライクなSUV「メルセデス・ベンツGLEクーペ」がデビュー

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、SUVとクーペのクロスオーバーモデル「GLEクーペ」を発表。同日、注文受け付けを開始した。発売時期は、同年8月ごろになる見込み。

クーペとSUVのスタイリングを融合させたというサイドビュー。低いルーフラインと高いベルトラインが、デザイン上のこだわり。
クーペとSUVのスタイリングを融合させたというサイドビュー。低いルーフラインと高いベルトラインが、デザイン上のこだわり。 拡大
メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」のインテリア。
「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」のインテリア。 拡大
後席の様子。「大人が十分快適に過ごせる空間」とうたわれる。
後席の様子。「大人が十分快適に過ごせる空間」とうたわれる。 拡大

■見た目の存在感と快適性を両立

セグメントを問わず、いまやメーカー各社にとってドル箱商品となっているSUV。メルセデスもこれまで豊富なラインナップをそろえてきたが、例えば直接のライバルとなるBMWの「Xシリーズ」やアウディの「Qシリーズ」と比べると、車名ひとつとっても統一感に欠けるきらいがあった。
そこをライバルに比べた際の弱点と考えたメルセデスは、2015年からラインナップの再編を実施。車名を従来のGL/ML/GLK/GLAから、SUVを示す「GL」にメルセデスのクラスを示す「S」「E」「C」「A」を添えたGLS/GLE/GLC/GLAに改称。車格を明確にするとともに、マイナーチェンジを機にスタイリングイメージも統一して、巻き返しを図っている。

そんなメルセデスSUVの最新作が「GLEクーペ」。2015年1月のデトロイトショーで初公開され、同年7月には『webCG』上でも海外試乗会における試乗インプレッションをお伝えしているが(関連記事)、ひとことで言えば「GLEをベースにしたSUVとクーペのクロスオーバー」である。BMWの「X5」に対する「X6」のような存在と考えていいだろう。

クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと走行性能に、SUVらしい存在感と利便性を加えたというGLEクーペのボディーは、全長4900×全幅2003×全高1731mmという堂々たるサイズ(数値は欧州仕様車)。それだけにクーペでありながら、後席は大人が十分快適に過ごせるだけの空間を確保しており、最大1720リッターという広いラゲッジスペースを備えている。

メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」の3リッターV6ツインターボエンジン。
「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」の3リッターV6ツインターボエンジン。 拡大
 
メルセデスの新クロスオーバー、GLEクーペ登場の画像 拡大
 
メルセデスの新クロスオーバー、GLEクーペ登場の画像 拡大
 
メルセデスの新クロスオーバー、GLEクーペ登場の画像 拡大

■ディーゼルとガソリンをラインナップ

エンジンは3種類で、いずれも既存のモデルに使われているもの。「GLE350d 4MATICクーペ」には最高出力258ps、最大トルク63.2kgmを発生する3リッターV6直噴ディーゼルターボ、「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」には367ps、53.0kgmを発生する3リッターV6ツインターボ、そして「メルセデスAMG GLE63 S 4MATICクーペ」には585ps、77.5kgmを発生する5.5リッターV8直噴ツインターボが搭載される。
トランスミッションは、GLE 350d 4MATIC クーペとメルセデスAMG GLE 43 4MATIC クーペが9段AT、メルセデスAMG GLE 63 S 4MATIC クーペは7段ATで、駆動方式はいずれも4WD。メルセデスAMG GLE 43 4MATIC クーペとメルセデスAMG GLE63 S 4MATICクーペには、エアサスペンションが標準装備される。

定評ある安全運転支援システムは、全車種に「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。さらに安全性に加え利便性も向上させる、車両周囲の状況をモニターする360度カメラシステムや、縦列駐車と車庫入れをアシストするアクティブパーキングアシストも全車標準装備となる。

センターコンソールの専用コントローラーを操作するだけで、5つのモードからドライバーが望むキャラクターに瞬時にセッティング可能な「ダイナミックセレクト」も標準装備。選択したモードに応じて、スロットルレスポンスとシフトスケジュールが変化し、快適性や燃費を優先する走りからスポーティーなドライビングまで、自在に楽しむことができる。インフォテインメントシステムも、これまでのCOMANDコントローラーに加えタッチパッドも採用した最新世代へと進化している。

GLEクーペのラインナップと価格は、以下の通り。

・メルセデス・ベンツGLE350d 4MATICクーペ:890万円
・メルセデス・ベンツGLE350d 4MATICクーペ スポーツ:980万円
・メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ:1200万円
・メルセデスAMG GLE63 S 4MATICクーペ:1780万円

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
GLEクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • 第142回:タントカスタムで辰巳へGO! 2019.9.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第142回は「タントカスタムで辰巳へGO!」。カーマニアの聖地で、軽トールワゴンはどう見えるのか!? スーパーカーを愛する筆者が抱いた、ある思いとは? 新型「タント」のプチ試乗リポートとともにお送りする。
  • マツダe-TPV<次世代EV試作車両>(FF)【海外試乗記】 2019.9.6 試乗記 2020年の発売に向けてマツダが開発を進める、電気自動車(EV)のプロトタイプに試乗。その走りは、これまで体験したことのない、ファン・トゥ・ドライブなEVの未来を期待させるものだった。
ホームへ戻る