アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)

2016.05.05 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗する。フルタイム4WDを採用するA4のハンドリングは、谷口の目にどう映ったのだろうか。

乗ると誰でも運転がうまくなる!?

前編ではエンジンを中心とするドライブトレインやデザインに関する印象を語ってもらったが、後編ではいよいよA4の核心であるハンドリングについて説明してもらおう。

「カーブに入る手前で、普通のクルマだったらブレーキをかけたくなりますよね。まずはいったん減速して、荷重をフロントに移してからハンドルを切る。そうやって安心感を得たいと思うのが普通のクルマですが、どうもアウディは、ブレーキを踏まなくてもそのまま曲がれちゃいそうな気がする」
それも、そんな“気”がするだけでなく、本当にブレーキの出番は少なかったようだ。「あのコーナーも、こっちのコーナーでもブレーキは使わなかった」
谷口はいま走ってきたワインディングロードを指さしながら、私たちにそう教えてくれたのである。

「(初代)『R8』に初めて乗ったときも同じ衝撃があったけれど、アウディは『ブレーキを踏まなくても曲がれる感』がすごく強いんですよね。ただの錯覚かもしれないけれど(笑)。でも本当に、ハンドリングがめちゃくちゃよくて、誰が乗ってもそのポテンシャルを引き出せちゃう。だから、普段は助手席から見て『この人、運転ヘタなんだよな』と感じていたドライバーでも、アウディに乗ると『あれ、この人、運転うまくなったんじゃない?』って思わせることができる。アウディには、そんな力があるんです」

それはいったい、どうしてなのか?
「たぶんね、クルマがドライバーを補助してくれるっていうか、運転の仕方を教えてくれるんですよ。コーナリング中にハンドルを切ったり戻したりするんじゃなくて、すーって切っていけばいいとか、そういうふうにね」

それはハンドリングだけでなく、ブレーキングにもあてはまることだという。「普通のクルマだったら、ブレーキングしたときに前だけが沈み込むでしょ。でも、アウディはボディーをフラットに保ったまま、4輪がぐっと沈む。きっと、これだけでも『運転、うまくなった?』っていわれますよ(笑)」

 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1840×1410mm/ホイールベース:2825mm/車重:1660kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/5000-60000rpm/最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:624万円
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1840×1410mm/ホイールベース:2825mm/車重:1660kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/5000-60000rpm/最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:624万円 拡大
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • アウディA4 45 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.5 試乗記 マイナーチェンジした「アウディA4」のトップモデル「45 TFSIクワトロSライン」に試乗。12Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれた新型パワートレインや改良型シャシー、進化したインフォテインメントシステムの仕上がりを確認した。
  • BMW 7シリーズ 2022.4.22 画像・写真 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」がフルモデルチェンジ。これまでのモデルとは大きく印象の異なるフロントデザインや、かつてない装備が与えられたインテリアをはじめ、そのディテールを写真で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディ、A7スポーツバックをリファインし発売 2015.4.7 自動車ニュース 「アウディA7/S7/RS 7スポーツバック」がマイナーチェンジ。最新型が発売された。
ホームへ戻る