アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)

2016.05.05 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗する。フルタイム4WDを採用するA4のハンドリングは、谷口の目にどう映ったのだろうか。

乗ると誰でも運転がうまくなる!?

前編ではエンジンを中心とするドライブトレインやデザインに関する印象を語ってもらったが、後編ではいよいよA4の核心であるハンドリングについて説明してもらおう。

「カーブに入る手前で、普通のクルマだったらブレーキをかけたくなりますよね。まずはいったん減速して、荷重をフロントに移してからハンドルを切る。そうやって安心感を得たいと思うのが普通のクルマですが、どうもアウディは、ブレーキを踏まなくてもそのまま曲がれちゃいそうな気がする」
それも、そんな“気”がするだけでなく、本当にブレーキの出番は少なかったようだ。「あのコーナーも、こっちのコーナーでもブレーキは使わなかった」
谷口はいま走ってきたワインディングロードを指さしながら、私たちにそう教えてくれたのである。

「(初代)『R8』に初めて乗ったときも同じ衝撃があったけれど、アウディは『ブレーキを踏まなくても曲がれる感』がすごく強いんですよね。ただの錯覚かもしれないけれど(笑)。でも本当に、ハンドリングがめちゃくちゃよくて、誰が乗ってもそのポテンシャルを引き出せちゃう。だから、普段は助手席から見て『この人、運転ヘタなんだよな』と感じていたドライバーでも、アウディに乗ると『あれ、この人、運転うまくなったんじゃない?』って思わせることができる。アウディには、そんな力があるんです」

それはいったい、どうしてなのか?
「たぶんね、クルマがドライバーを補助してくれるっていうか、運転の仕方を教えてくれるんですよ。コーナリング中にハンドルを切ったり戻したりするんじゃなくて、すーって切っていけばいいとか、そういうふうにね」

それはハンドリングだけでなく、ブレーキングにもあてはまることだという。「普通のクルマだったら、ブレーキングしたときに前だけが沈み込むでしょ。でも、アウディはボディーをフラットに保ったまま、4輪がぐっと沈む。きっと、これだけでも『運転、うまくなった?』っていわれますよ(笑)」

 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
 
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像 拡大
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1840×1410mm/ホイールベース:2825mm/車重:1660kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/5000-60000rpm/最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:624万円
アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1840×1410mm/ホイールベース:2825mm/車重:1660kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/5000-60000rpm/最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:624万円 拡大
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2022.1.24 試乗記 排ガスの不正問題で、一時は輝きが鈍ったかにみえたフォルクスワーゲンのディーゼル車。大幅に環境性能を高めて登場したディーゼルの新型「ゴルフ」は、そんなマイナスイメージを吹き飛ばすほどの、いい仕上がりをみせてくれた。
  • 改良型「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が上陸 2022.1.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2022年1月20日、マイナーチェンが施された「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本導入を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。デリバリーの開始時期は、同年2月ごろになる見込み。
  • 第224回:見直したぜ! おっさんポルシェ 2022.1.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。モテないカーマニア仲間のS氏が、愛車の996型「ポルシェ911」を997型に買い替えた。そこで久しぶりに997型のステアリングを握ったら、「おっさんポルシェ」と呼んで負け組扱いしてきた996型の偉大さに気づいたというお話。
  • ホンダ・シビックLX(後編) 2022.1.27 谷口信輝の新車試乗 1.5リッターのターボエンジンにCVTを組み合わせるFF車――スペックのうえで飛び抜けたところのない新型「ホンダ・シビック」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝が絶賛するワケは?
  • ホンダ・シビックLX(前編) 2022.1.20 谷口信輝の新車試乗 スポーティーで身近な国産車として長年親しまれてきた「ホンダ・シビック」。11代目にあたるその新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでの印象をアツく語る。
ホームへ戻る