フォルクスワーゲン、「ティグアン」を改良

2011.11.08 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、SUV「ティグアン」をマイナーチェンジ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年11月8日、SUV「ティグアン」をマイナーチェンジし、発売した。

「ティグアン」は、2008年9月に日本で発売されたSUVモデル。導入時は、オン&オフロード両方のテイストを併せ持つ「トラック&フィールド」だけの設定だったが、その後、スポーツタイプの「スポーツ&スタイル」(2009年3月)、高性能版たる位置づけの「Rライン」(2009年10月)が追加されてラインナップの充実が図られた。さらに2010年9月には7段DSGの採用により、約20%の燃費向上を果たすなどの進化を遂げた。

今回のマイナーチェンジでは、熟成されたパワートレインを受け継ぎつつ、内外装のデザインや仕様変更、出力アップなどの改良が図られた。ラインナップは当面は「スポーツ&スタイル」の1タイプのみで、2012年春に「Rライン」が追加予定となっている。

エクステリアは、2011年1月に日本に導入された現行「トゥアレグ」と共通の水平基調のフロントグリルや、LEDランプ内蔵式ヘッドライトが採用され、リアコンビネーションランプも新デザインに改められた。また新デザインのアルミホイール(7J×17インチ)も採用された。

一方、内装には大きな変更は施されていないものの、標準のアルカンターラ&ファブリックシートのほかに、新色フューリオーソブラウンのレザーシートがオプション(27万3000円:受注生産)で用意された。また、ドライバーの集中力の低下を検知するとアラーム音や表示で休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」が標準装備とされた。

エンジンは、2リッター直4DOHCターボの「2.0TSI」でこれまでと変わらないが、最高出力が9ps高められ、179ps/4500-6200rpmとなった。燃費は、11.6km/リッター(10・15モード)で変わっていない。

価格は、389万円。

(webCG 曽宮)

「ティグアン スポーツ&スタイル」
「ティグアン スポーツ&スタイル」 拡大

フォルクスワーゲン、「ティグアン」を改良の画像 拡大

フォルクスワーゲン、「ティグアン」を改良の画像 拡大

フォルクスワーゲン、「ティグアン」を改良の画像 拡大

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • 「フォルクスワーゲンTクロス」の通常販売スタート 「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の全2グレード展開 2021.3.4 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年3月2日、コンパクトSUV「Tクロス」のカタログモデルの導入を発表し、販売を開始した。「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の全2グレードをラインナップしている。
ホームへ戻る