STIはコンプリートカー「S206」を出展

2011.11.07 国産車

STI、“スペシャル版インプレッサ”「S206」を出展

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、同車のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が開発したコンプリートカー「S206」を出展すると発表した。

「S206」は、4ドアセダン版の「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、STIが独自のチューニングを施したコンプリートカー。「操縦安定性やハンドリング性能を極限まで磨き上げたモデル」だという。東京モーターショーの開催に先立って、11月24日に発売される。

STIは今年6月、「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」ベースのマシンでニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、2リッター以下のターボ車クラスで優勝している。
東京モーターショーでは、これを記念する「S206」のスペシャルパッケージ版も公開される見通しとなっている。

(webCG 関)

写真は、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した「インプレッサWRX STI tS」ベースのマシン。「S206」にもSTIがレースで培ってきた技術が盛り込まれる。
写真は、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した「インプレッサWRX STI tS」ベースのマシン。「S206」にもSTIがレースで培ってきた技術が盛り込まれる。 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る