ルノー、RRとなった新型「トゥインゴ」を日本に導入

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ インテンス」
「ルノー・トゥインゴ インテンス」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」の日本導入を発表した。同年9月15日に販売を開始する。

「インテンス キャンバストップ」
「インテンス キャンバストップ」 拡大
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
新型「トゥインゴ」のエクステリア。
新型「トゥインゴ」のエクステリア。 拡大

■日本仕様は0.9リッターターボ+6段EDCの組み合わせ

トゥインゴは、ルノーのエントリーモデルを担うAセグメントコンパクトである。今回導入される新型は3代目のモデルにあたり、2014年3月のジュネーブショーで世界初公開され、日本では2015年10月の東京モーターショーで初披露された。実用車の多くがFFの駆動方式を採用している中で、基本設計を同じくする「スマート・フォーフォー」と同じく、リアにエンジンを搭載し後輪を駆動する、RRの駆動方式を用いている点が大きな特徴となっている。

日本仕様のボディーサイズは全長×全幅×全高=3620×1650×1545mmで、ホイールベースは2490mm。エンジンは排気量0.9リッターの直3 DOHC ターボで、最高出力90ps(66kW)/5500rpm、最大トルク13.8kgm(135Nm)/2500rpmを発生。トランスミッションには6段EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)と呼ばれるデュアルクラッチ式ATが採用される。

グレードは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」の2種類。ボディーカラーは「ブルー ドラジェ」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレール」「ブルー メディテラネM」「カプチーノM」「ブラン クリスタル」の全6色で、メタリックカラー(末尾にMと付いているもの)は3万2400円の有償色となる。インテリアには、これらのボディーカラーに合わせて「ブルー」「ルージュ」「ブラン」の3色の装飾パーツ、シートカラーが組み合わされる。

ハンドル位置は右。価格は以下の通り。
・インテンス:189万円
・インテンス キャンバストップ:199万円

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』に2つの限定モデル」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編) 2021.9.5 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(後編) 2021.9.12 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の試乗リポート後編。公道での乗り味と、このクルマは果たして誰にオススメなのかについて、より詳しく語ってもらった。
ホームへ戻る